三ツ矢雄二、『ボイス2』最終話に「最後の事件の通報者」として登場

© 株式会社マイナビ

声優の三ツ矢雄二が、25日に放送される日本テレビ系ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』(毎週土曜22:00~)の最終話に登場する。

「ボイス=声」にかけて、毎話人気声優がどこかに出演している同ドラマ。大トリを飾るのは、『タッチ』上杉達也役をはじめ、『キテレツ大百科』『アンパンマン』『ドラゴンボール』など、誰しもが知る数々のアニメに出演する国民的声優の三ツ矢だ。

「最後の事件の通報者」として登場すると予告されている三ツ矢は「セリフがいっぱいだったらどうしよう…と戦々恐々でしたが、セリフは一言と聞いて、安堵しました」と話している。

コメント全文は、以下の通り。

――出演オファーが来たときの印象はいかがでしたか?

頭の中が?????と?マークでいっぱいでした。もし、セリフがいっぱいだったらどうしよう…と戦々恐々でしたが、セリフは一言と聞いて、安堵しました。ほんのちょっと出るだけと聞いて、そりゃそうだなと、気が楽になりました。

――実際の撮影はいかがでしたか?

ドラマに出るのは久しぶりだったので、撮影現場の雰囲気が懐かしかったです。撮影も時間通りスムーズに進んだので、優秀なクルーだなと感心しました。

――今回の出演を経て、また『ボイス』に出ることがあるなら、「こんな役をやってみたい・こんな役をやってみたかった」などございますか?

みんなが集う喫茶店のマスターなんかやってみたいです。

――「声のプロ」である三ツ矢さんから見て、声をテーマにしたこの『ボイス』というドラマはいかがですか?

新しい感覚のドラマ。緩急織り交ぜたストーリー転換。さて最終回、僕はどこに出ているでしょう?

――ファンの方に一言、お願いします。

文句なく面白いドラマです。ぜひ僕を見つけて下さい。