九月場所の主役・照ノ富士「最初は嫌い合っていた」支え続けた5人の男が語る “奇跡の復活” 秘話

© 株式会社光文社

「稽古場で鍛錬したことしか本場所では出ない」と、とことん体をいじめ抜く

第73代横綱・照ノ富士春雄(29)。奇跡の復活を成し遂げた男の素顔を、周囲で支え続けた男たちが語った。

「最初の何年かは、お互いにあまり好きじゃなかったんですよ」と語るのは、2019年まで付け人を務めた中板秀二さん(元幕下・駿馬)だ。

2010年、中板さんのいた間垣部屋に入門してきたのが、当時19歳だったガントルガ・ガンエルデネだった。

「当時から体は大きかったんですが、土俵で当たってみると自分のほうが強いんですよ。いくら高校(鳥取城北)で活躍したとはいえ、プロは当たりが違いますから。正直、関取までいけるかどうかなと思いましたね」(中板さん)

ところが、その第一印象は、すぐに覆される。

「稽古を1週間、2週間と続けていくうちに、自分の力が通じなくなってきて、半年ぐらいすると歯が立たない。いろんなことを吸収していく能力がすごいんです」(中板さん)

順調に番付を上げていく弟弟子に、兄弟子としてやらなければいけないことがあった。

「入門時から、相撲の世界のしきたりなどを教えてきました。関取に上がるだろうと思ってからは、特にガミガミ言うようになりました。関取がこんなことも知らないのかと、恥ずかしい目に遭わせるわけにはいきませんから。

最初は素直に聞いていたんですが、そのうち嫌がるようになって。それでも口やかましく言ってましたから嫌だったでしょうね(笑)」(中板さん)

当時を知る人物がもう一人。同じく間垣部屋に在籍していた呼び出しの照矢だ。

「私もけっこう口うるさく注意しました。だから仲はあまりよくなかった。でも、あのまま関取になったら困るのは本人ですから。横綱は日本語を話せたので、日本語でコミュニケーションを取れたことは大きかったです」(照矢)

当時の間垣部屋は危機に瀕していた。親方が2007年に脳出血で倒れ、十分に指導ができない。部屋の経営状況も悪化し、照ノ富士の入門直後には唯一いた関取が引退。所属力士は減る一方だった。

「人が少なくて、私がちゃんこを作ることもありました。しかし、だからこそ家族的な関係が生まれたと思います。力士と呼び出しって、普通はそんなに深い関係にはなりませんから。そんな部屋から大きな部屋に移ったので、大変だったと思います」(照矢)

2013年3月、間垣部屋が閉鎖になり、照ノ富士らは伊勢ケ濱部屋に移籍する。

「いきなり大所帯、しかも横綱(日馬富士)がいる部屋に移って、自分も正直、恐怖でしたし、照ノ富士関もそうだったと思います。

でも、移籍できてよかったと思います。いろんなタイプの関取が、厳しく稽古をつけてくれる。それまでは、自分から積極的に稽古をするタイプではなかったんですが、怖い関取衆がいて稽古をしないわけにはいかないですから」(中板さん)

部屋の移籍から二場所で関取に昇進。四股名を若三勝から照ノ富士に改め、中板さんが付け人となった。新十両の場所でもいきなり優勝を果たし、順調に番付を上げていった。それとともに、兄弟子との関係にも変化が表われる。

「あるとき、私が化粧まわしのつけ方を間違えてしまったんです。でも、横綱はほかの部屋の力士から指摘されると、『駿馬さんが間違うわけないだろ』と言ったそうなんです。それを聞いたとき、私のことを信頼してくれているんだと、あらためて気づかされましたね」(中板さん)

照矢も同じような経験をしている。

「部屋を移ってしばらくして、『駿馬さんと大督さん(照矢の名前)がこれまで厳しかったのは、自分のために言ってくれていたんだとわかりました。ありがとうございます』って、頭を下げられました。あのときのことは、今も鮮明に覚えています」(照矢)

中板さんは付け人として、身の回りの世話や取組への助言など、照矢は顔を合わせれば、たわいのない会話で気を紛らすなど、精神面を支えてきた。間垣部屋時代からの固い絆と厚い信頼で結ばれた “家族以上” の存在なのだ。

「家でもずっとビデオを見て研究しているそうだし、横綱は今、相撲のことしか頭にない」と、安治川親方(左)

「横綱がうちの部屋に移ってきたとき、自分も当時の横綱と同じ幕下だったんですよ。あのころ、稽古で一日100番取っていたのがいい思い出です。あの稽古のおかげで、横綱も自分も強くなれたと思っていますから」

そう語る前頭・照強は、年齢は下だが、照ノ富士の兄弟子になる。

「向こうは幕下から一気に大関に上がりましたけど、自分はなかなか上がれず、大関の付け人を半年やらせてもらいました。

そのころは、それほど仲がよくなかった。でも、照ノ富士関が怪我をして大関からどんどん番付が下がって関取じゃなくなっても、自分はずっと『大関』って呼んでいたんです。

そのあたりから一気に仲よくなって、今じゃ関取のなかでいちばん仲がいいんじゃないですか」(照強)

性格にも変化があった。

「以前は『自分が一番だ』って感じがすごくあったんです。それが、つらい経験をしてから、ずいぶん丸くなりました。

横綱がすごいのは、やっぱり気持ちの強さでしょう。あそこまで落ちて、這い上がって、横綱になった人はほかに誰もいないわけですから。すごいのほかに言葉がないですよ」(照強)

復活を果たした今も、けっして万全ではない照ノ富士の膝。力士の生命線ともいえる膝を支えているのは、ドイツ製の「ゲニュTrain」というサポーターだ。国内でその製品を扱うパシフィックサプライ社の筏政人さんが語る。

「昨夏、照ノ富士関とお会いした際に、とにかく膝の痛みをなんとかしたいと。本場所が始まると日を追うごとに痛みが増し、終盤は本当にしんどいと話されていました。

特注サイズだったのでドイツに発注して、昨年十一月場所から使っていただいています」

サポーターの素材はニットとシリコン。筋肉に適度な圧をかけることで、関節部分を安定させる製品なのだという。

「今は肘や足首、腰のサポーターも使っていただいています。稽古用に、膝の横の部分に金属製の支柱をつけたものも作りました。

照ノ富士関は『すごく動きやすいし、関節が安定する。最後のあとひと押しが欲しいところで、このサポーターが支えてくれる』と話されています」(筏さん)

「明るくて無邪気、それでいて繊細な面がある」と分析するのは、兄弟子の安治川親方(元関脇・安美錦)だ。

「私も現役中は怪我が多かったので、照ノ富士とは怪我の話をよくします。その状態なら冷やしたほうがいいとか、治療法をアドバイスするんですが、まわりの意見を素直に聞いてなんでも吸収しようとする姿勢は、彼の大きな強みですね」(安治川親方)

これからどんな横綱になっていくのだろうか。

「横綱はどうあるべきか、周囲からどう見られているかという意識はかなり強く持っています。モンゴル出身力士に対してネガティブなイメージを持つ人も少なくないですが、本人はモンゴル出身ということでひと括りにされたくないという気持ちが強いんです」(安治川親方)

そして「太く短く」力士人生を全うする考えだという。

「とにかく、今できることを精いっぱいやる。今は一番一番、15日間を全力で相撲を取り切ることが大事。その結果、優勝できればいいということです」(安治川親方)

今年8月に日本国籍を取得し、名実ともに “日本の横綱” となった照ノ富士。横綱昇進の口上で述べた「不動心」と「横綱の品格」を胸に、土俵へ上がる。

(週刊FLASH 2021年9月28日・10月5日号)