IKKO、新庄剛志、水谷隼、吉田沙保里の里帰りを友人らが“代行”!

© 株式会社東京ニュース通信社

TBS系では9月26日に、中山秀征、川島明(麒麟)、小芝風花がMCを務める「里帰り代行します!」(午後8:57=MBS制作)を放送する。

同番組は、多忙でなかなか帰省できない芸能人やアスリートの代わりに、彼らの親友や家族がマイク片手に地元をリポートする里帰りバラエティーの第2弾。リポートするのは、ゲストが里帰りしたら必ず立ち寄る、飲食店や思い出の場所。つたなくも愛情たっぷりのリポートはツッコミどころ満載。ゲストの知られざるエピソードにスタジオは笑いに包まれ、時にはホロッとくる展開も訪れる。里帰りゲストには、IKKO、新庄剛志、ハナコ(菊田竜大、秋山寛貴、岡部大)、水谷隼選手、吉田沙保里が登場。ナレーターを梶裕貴が務める。

吉田が「かわいくて仕方ない」という7歳の姪っ子は、吉田の肉体を作り上げた名店で初めての食リポに挑戦。最愛の亡き父が、母と体育会系の合コンで出会ったなれそめを初披露する。また、IKKOの実姉らは、家族で通った「中華料理のおいしいすし店」をリポート。カミングアウトに反対していた父が残した謎のファイルの存在に、本人も思わずスタジオで涙する。

続いて、新庄が阪神タイガース時代、日本ハムファイターズ時代にお世話になった場所での里帰り代行リポートでは、入団1年目から巨額の借金をしていたエピソードなど、知られざる新庄伝説が暴露される。さらに、名コンビで知られた元選手も登場し、爆笑エピソードが明らかに。卓球で金メダルをとったものの地元に凱旋(がいせん)できていない水谷選手は、その地元・静岡県磐田市で、友人が凱旋を代行してリポート。毎日のように卓球を練習するために通った秘密の特訓場を訪れる。そして、初恋の相手も登場。友人だからこそ聞けた、相手の当時の思いが語られる。

番組では、スタジオと中継を結んでの代行リポートも。そのリポーターは、ハナコのあるメンバーの元カノ。地元のソウルフードとして知られるホルモン焼き店を中継リポートし、元カノが手紙を披露するも、その手紙を書いた人物も、まさかの関係だったことが分かる。

収録を終えた中山は「自分が思い出の地を歩くと、どうしても美化してしまうと思うんです。でも、本当はそうじゃなかったっていうことが意外とあって。代行してもらうことで反対側の目線が見えて『そう思ってたの?』というような驚きや感動が出てくる。僕も、友達が地元で僕の話をしたらどうなるんだろうと、知りたくなりました」と番組の魅力を紹介。

川島は「代行することで、今まで見たことのなかった本人の歴史が明らかになっていくところが魅力ですよね。そして、代行人の皆さんが人生初のテレビなのに、ロケや食リポを頑張ってくださるのも本人の方との絆だったりするので、そこが感動できます」と見どころを語る。

小芝は「代行してくださった方々が個性的で、すごく面白かったです。代行だからこそ見えてくるものがあったり、身近な方が代行しているだけあって、依頼した方々の素の部分が見えたりして、とても新鮮でした」と感想を話している。