『TOKYO MER』最終回“不在キャラ”に落胆… 今週の芸能ニュースTOP10

© 株式会社日本ジャーナル出版

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』に出演する鈴木亮平 画/彩賀ゆう 

いろんな事件が相次いだ今週の芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』で、今週もっとも話題となった芸能記事をご紹介します(9/16配信まで、独自ポイントで集計)。

1位 『TOKYO MER』最終回に不在のキャラが…! 視聴者が落胆「残念です」 298pt.

2位 ゲス・川谷絵音の“電車マナー”に批判「普通に座れよ」「図々しい」 109pt.

3位 お笑い第7世代の“粛清”開始? 実力不足でテレビから姿を消してしまう… 107pt.

4位 『東京リベンジャーズ』ブーム終息!? 実写映画大ヒットの裏でオワコン説浮上 91pt.

4位 『NiziU』の“特典商法”にファン悲鳴「買うか迷うレベル」「エグい」 91pt.

6位 『キングオブコント』“審査員一新”にファン歓喜のワケは?「本当に良かった」 82pt.

7位 有吉弘行“アンミカ夫”の疑惑を予言!?「すごすぎる」「さすがだな…」 62pt.

8位 『タカトシ』『ブラマヨ』天下まであと一歩…大失速芸人の共通点とは? 61pt.

9位 出川哲朗『イッテQ』降板ニオわせ!?「めちゃくちゃ裏切り行為」 52pt.

10位 『ハコヅメ』山田裕貴の“ダサすぎ私服”に爆笑「泣いた」「どうなってるの」 44pt.

ゲス・川谷絵音の“電車マナー”に批判!

今週もっとも注目を集めた記事は、ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)最終回にまつわる話題でした。

最終回では、エリオット・椿(城田優)による連続爆破テロで東京中が炎上。妹の涼香(佐藤栞里)を亡くし、失意のどん底にいた喜多見(鈴木亮平)は、MERメンバーが出動していくさまを眺めることしかできませんでした。しかし、元妻・高輪千晶(仲里依紗)の言葉によって復活。現場で指揮をとって、〝死者ゼロ〟に貢献しました。

一方、椿は公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)らの発砲によって重傷を負います。月島は「妹のかたきは取ってやったぞ」と喜多見に声をかけますが、喜多見は死にそうになっている椿を治療。「目の前の命を見捨てたら俺は医者じゃなくなります」と自らの医師を貫くのでした。

ネット上で話題になっているのは、月島の部下・高松が不在だったこと。高松を演じていた馬場徹は新型コロナウイルスに感染しており、最終回の撮影までに回復できなかったのだと思われる。これにネット上では

《馬場徹だけ復帰出来ひんかったんかな… かわいそうに》
《最終回、馬場徹復帰出来ず残念》
《残念だったのは 好きな俳優さんの1人でもある 馬場さんが嫌な奴のままで終わってしまったことよ…コロナめぇ》
《稲森いずみさんは復活してるけど 馬場さんは間に合わなかったのか…》

など悔やむ声があがっていました。

続いて話題になったのは、『ゲスの極み乙女』のボーカル・川谷絵音にまつわる記事です。

川谷は9月7日にインスタグラムを更新し、マルチクリエイター・野村訓市と電車内で談笑する画像を投稿。本文には《くんいちさんと喋ってるとこ撮られてた》と一言だけ添えたほか、《ファッションショーです》と謎のハッシュタグも用いていました。

ファンはこの投稿に、《え、普通に乗るんですか》と大興奮。しかし残念ながら、興奮しているのはオタクと川谷本人のみだった模様。第3者からは冷静な指摘と、

《普通に座れよ》
《この脚の組み方、隣に座る人に迷惑》
《乗客が周りにいなくても図々しい座り方》
《足は揃えて座るの常識だよね》

などと乗車態度の悪さが批判されています。

「乗車マナーが悪いとのことですが、『#kolor』『#ファッションショーです』というハッシュタグがついていることから、これはファッションブランド『kolor』が京急車両を貸し切って行ったショーでの一幕でしょう。ショーは招待客を乗せて品川駅から出発し、京急蒲田駅で停車して車内とホームでコレクションを発表しました。これは〝電車にも乗る意外と庶民派なオレ〟ではなく、〝ファッションショーを見るオレ〟をアピールする画像なのです」(芸能ライター)

かつて日本中を話題に包んだスーパーロックスターと形容できそうなほどに決まっている川谷。今後の活動にも注目が集まりそうですね。

果たして、来週はどんなことが話題になるのでしょうか。