あのベテラン声優!?アニメ『ONE PIECE』で見かける“粗忽屋”の正体って…

© 株式会社サイバード

アニメ『ONE PIECE』のクレジットで、度々見かける“粗忽屋(そこつや)”の文字。しかもある時は「粗忽屋浜田山店」、またある時は「粗忽屋西神戸店」と謎の支店名がつくことも。いったい粗忽屋とは誰のことなのでしょうか。

現在、「ワノ国編」を絶賛放送中のアニメ『ONE PIECE』。

みなさんは、同作のクレジットでたまに見かける“粗忽屋(そこつや)”なる名前をご存知でしょうか。

じつはこの声優の正体は……。

『ONE PIECE』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイトより

via

粗忽屋=麦わらの一味の誰か?

結論から言えば粗忽屋の正体は、麦わらの一味・サンジでお馴染みの平田広明さん。

過去に平田さんは超カルガモのカルーやデマロ・ブラックなどを演じており、その際のクレジット表記に粗忽屋の名を使っていました。しかし他にも平田さん以外の様々な人が”粗忽屋”を名乗っているのです。では「粗忽屋浜田山店」とはいったい何なのかと言うと、我らが船長・ルフィを演じる田中真弓さん。

じつは粗忽屋=麦わらの一味の誰かが演じているそうで、たとえば「粗忽屋西神戸店」は中井和哉さん(ゾロ)、「粗忽屋武蔵野店」は岡村明美さん(ナミ)、「粗忽屋東品川店」は山口勝平さん(ウソップ)のことを表しています。

ファンの間でも度々粗忽屋の話が話題に上がり、ネット上には「ワノ国編に出てきたタコの声、まさかの粗忽屋東品川店(笑)」「幼少期のヨンジは粗忽屋武蔵野店だったのか!」といったコメントが。

尾田栄一郎先生からの反応も!

粗忽屋については単行本27巻掲載の質問コーナーでも触れられており、作者の尾田栄一郎さんは「(レギュラーメンバーに台詞がない回の時は)あの人達遊ぶのです(笑)動物の声をあてたりして」「でもその時、テロップにそのままの名前を使うのもなんだから、という事で『粗忽屋』という名前で役名に登場するんですね」と語っていました。クレジットに“粗忽屋”の文字を発見した際は、ぜひそのキャラの声に注目してみてくださいね。■実は以前も?『ONE PIECE』ヤマトの声優発表に大反響!早見沙織に「ぴったり」「絶妙な声色がいい」

https://numan.tokyo/anime/H1uPL

■『ONE PIECE』ルフィとサンジ、2人の“対比”は何を意味する?「鳥肌たった」「壮大な伏線かも」

https://numan.tokyo/comic/vVa04