戦闘や探索要素も充実!若きホームズのオープンワールド推理ADV『Sherlock Holmes Chapter One』第2弾プレビュー版プレイレポ

© 株式会社イード

戦闘や探索要素も充実!若きホームズのオープンワールド推理ADV『Sherlock Holmes Chapter One』第2弾プレビュー版プレイレポ

Frogwaresより、PC/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One向けに11月16日のリリース(PS4/Xbox One版は遅れて年内発売)を予定している推理アドベンチャーゲーム『Sherlock Holmes Chapter One』。オープンワールドで描かれた地中海の島を舞台に、若きシャーロック・ホームズが活躍するアクションアドベンチャーです。

『ファイナルファンタジーIV』ピクセルリマスター間もなく発売!SFC&GBA;&PSP;版とグラフィックを比較【特集】

Frogwaresはこれまでも『Sherlock Holmes』シリーズなど、数多くのアドベンチャー作品をリリースしてきたデベロッパー。本作でもこれまでのノウハウを活かしつつ、オープンワールドでより自由なプレイが楽しめます。本格的な推理シーンや「推理の結果や結末はそのまま物語が続いていく」システムなどの詳細は、2021年6月のプレイレポートをご覧ください。

本稿では、メーカーより提供されたプレビュー版第2弾のプレイレポートを紹介。前回のプレイレポートでは遊べなかった戦闘シーンなど、新たな要素を中心に本作の魅力をお伝えしていきます。なお、プラットフォームはPC(Steam)版でプレイしています。

『Sherlock Holmes Chapter One』の内容をおさらい!

本作『Sherlock Holmes Chapter One』では、名探偵シャーロック・ホームズが伝説となる前の若き日のエピソードが描かれます。物語は、ホームズが母親が亡くなった地中海の島「コルドナ」が舞台。古い伝統が残るこの島で起こる数々の事件、そして「母親の死の真相」を暴くのが本作の大きな目的です。

また、本作ではホームズの相棒として、お馴染みの「ジョン・ワトソン」とは異なる「もう一人のジョン」が登場。ホームズの過去や心情をよく理解している人物で、ちょっとした捜査のアドバイスもしてくれる”ジョン”の存在も本作の重要な要素です。

物語はホームズとジョンが島のホテルに到着するシーンからスタート。まずはチュートリアルとして移動や会話のほか、人物像や怪しいオブジェクトを調査する「分析」などの基本操作を学ぶことができます。その後、ホテルで行われた降霊会で発生した盗難事件に巻き込まれることで、島での最初の事件を捜査することになるのです。

事件の捜査は、調査して入手する「手掛かり」をもとに情報を引き出す、ヒントを組み合わせて事件を推理する、現場を再現するなど、さまざまな要素が組み合わさっています。詳細については前回のプレイレポートでも紹介しているため、そちらも是非ご覧ください。

そして本作の醍醐味は、事件の一部推理要素や犯人の処遇をどうするかを自身で選択すること。その選択が正解であれ、間違いであれ、物語はそのまま続きホームズ自身の結末やエンディング、島の住民たちにまで影響していきます。何を真実とするか、それをプレイヤー自身が選べるのです。

ここまでは、前回のプレビュー版でもプレイできた部分。捜査パートは迷っていると適度なヒントも提示されるなど、とても遊びやすい内容に仕上がっています。今回のビルドでは以前より日本語翻訳の精度が向上しており、さらに遊びやすくなっている印象です。

捜査には戦闘も欠かせない!島内の盗賊退治も?

今回のプレビュー版では戦闘パートが新たに遊べるようになっています。戦闘は捜査中に発生することもあるほか、島にある「盗賊の隠れ家」でミニゲームを楽しむことも可能です。

まずはストーリークエストで戦闘のチュートリアルを学ぶことになり、ピストルの使い方と相手を拘束する方法を学びます。戦闘では相手を射殺することもできるのですが、その際には評価が下がるので派手に銃撃戦を繰り広げるのは難しいかもしれません。

戦闘では「相手をいかに無力化するか」が重要です。相手を無力化するためには相手の防具を撃ち落として追撃する、オブジェクトを利用して相手を驚かせる、ホームズの「嗅ぎ煙草」を撒いて相手をひるませるなど、さまざまな手段が存在。無力化した相手は近づいて近接攻撃を仕掛け、QTEを成功させることで拘束できます。

また、戦闘中に相手の攻撃でホームズの体力がゼロになったら敗北でし。体力は時間で回復するため、危ないときは逃げ回ったり、拘束中の無敵時間を利用して回復することを心がけましょう。ちなみに戦闘で敗北してもすぐに再挑戦可能です。

なお、「盗賊の隠れ家」で目標を達成するとホームズが新たな戦闘能力を習得します。買い物などに使用できるお金を得ることもできるため、島を探索して隠れ家を見つけたらなるべく挑戦することがオススメです。

人物観察も建物探索も!島の観光が楽しい!

本作は少しストーリーを進めることで、広大なコルドナの島内を自由に探索することができます。この島は、幼い頃にホームズ一家(とジョン)が暮らしていた島のようで、さまざまな場所に思い出が残されおり、サイドクエストとしてそうした記憶を追体験できるのです。

サイドクエストを達成することで、報酬としてお金やログを入手可能。お金は島内の店で利用でき、メインクエストの結末を記す「新聞」、変装に使用する「衣装」などを購入できます。また、ホームズの記憶にまつわる「とある要素」にもお金は必要となるため、島を探索してクエストをクリアしていくことは重要です。

島内は労働者向けの地区や観光地などさまざまな地区に分かれており、そこに住んでいる人々の身なりや人種も異なります。多くの人々は関与することができないのですが、仕事や会話をしているシーンなどそれぞれがとても生き生きとしているのが伝わってきます。また、ホームズの「分析モード」で彼らの素性を知れるのも面白い部分ですね。ある地域の人がほとんど全員こちらを嫌っているので悲しくなったりもしました。

オープンワールドで自由に移動できるコルドナは、古い歴史を感じさせる建物や遺跡などもあり、観光しているだけでも楽しい場所です。島だけあって海や海岸の表現も美しく、そこに見える生活の跡などもこだわって作られているのが伝わってきます。ただし、あまり観光に集中しているとホームズが水に落下して気絶してしまうので要注意。彼は泳げません。


ここまで紹介してきた『Sherlock Holmes Chapter One』の新プレビュー版。「手掛かりを集めて推測する、導き出した結末のまま物語が続いていく」という本作のシステムはやはりとても緊張感があります。

前回の時点で探偵アドベンチャーゲームとして、とても秀逸なバランスとゲームデザインだった本作。今回のバージョンでは、戦闘や探索など新たな魅力をたっぷりと味わうことができました。細かい部分のUIや日本語翻訳の精度が向上しているのも評価したいポイントです。

そして本作で最重要な存在である”ジョン”とホームズの関係も本作の楽しみのひとつ。破天荒でシニカルな言動、どこか不思議な雰囲気を持つ彼はホームズと一体どういう関係なのか、その内容については決してここでは明かせません。しかし、物語を語る上では絶対に欠かせない、ぜひみなさんに体感してほしい部分です。

『Sherlock Holmes Chapter One』は、PC(Steam/GOG.com/Epic Gamesストア)/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One向けに11月16日リリース予定で現在予約も受付中です。なお、PS4/Xbox One版は少し遅れて年内のリリースを予定しています。

海外レビューハイスコア『テイルズ オブ アライズ』―「安定した」JRPGというものが珍しくなった今の時代、お約束に忠実な作品があるのは嬉しい

『ファイナルファンタジーIV』ピクセルリマスター間もなく発売!SFC&GBA;&PSP;版とグラフィックを比較【特集】 3ページ目