野生生物の「ノアの箱舟」、中国西南野生生物遺伝資源バンク―中国

© 株式会社 Record China

「COP15・春城の誘い」雲南生物多様性保護シリーズ記者発表会・雲南生物多様性保護活動総合記者発表会で13日、中国科学院昆明植物研究所の上級エンジニアで、中国西南野生生物遺伝資源バンク副主任の于富強(ユー・フーチアン)氏は、「中国西南野生生物遺伝資源バンクは国家発展改革委員会が承認した長期的建設目標を全面的に達成した」と説明した。人民網が伝えた。

雲南省の植物は1万6000種以上で、全国の約5割を占めている。これは中国の将来のバイオ技術発展の根本的な資源の基礎だ。同バンクは2004年に建設が始まり、07年に運営開始された。同バンクは国の重要科学技術インフラで、中国で唯一の野生生物遺伝資源の保存を中心とする総合保管施設であり、中国の野生生物の「ノアの箱舟」とも呼ばれている。

于氏によると、同バンクは現在まで植物の種子を1万601種(中国の顕花植物全体の36%)・8万5046点、植物隔離栽培材料を2093種・2万4100点、DNA分子材料を7324種・6万5456点、微生物菌株を2280種・2万2800点、動物遺伝資源を2203種・6万262点を保存しており、国家発展改革委員会が承認した長期的建設目標を全面的に達成した。

また、同バンクはすでに関連のウェブサイトを通じ、植物学基礎情報、資源保存情報、保存の現状などの情報・データ及び遺伝資源の実物の共有を実現している。(提供/人民網日本語版・編集/YF)