若虎・浜地が2回5K無失点の力投「自分にとって大きな登板」

© 株式会社東京スポーツ新聞社

浜地真澄

阪神の高卒5年目右腕・浜地真澄投手(23)が19日の巨人戦(甲子園)の3回から2番手として救援登板。2回を投げ2安打5奪三振無失点の力投を披露した。

先発のガンケルが2回7失点と崩れ〝敗戦処理〟的な意味合いも強かった大差ビハインドでの登板だったが、一軍定着を目指す若虎にとっては大切なアピールの場。力強い直球を軸にした投球で三振を量産し「点差は開いていましたが、何とか2イニングを0点で抑えるという気持ちでしたし、そういった意味では自分にとっても大きな登板になった。空振りを取れていたところは良かったですが、まだまだ修正しなければいけない課題も多い」と収穫と課題を口にした。

1―8と攻守ともに精彩を欠いた惨敗劇の中で、生き残りへ必死の姿勢を見せた若虎の牙が鮮烈な印象を残した。