間宮祥太朗主演『バンクオーバー!』後編は全員の“裏事情”が判明

© 株式会社マイナビ

俳優の間宮祥太朗が主演する日本テレビ系スペシャルドラマ『バンクオーバー!~史上最弱の強盗~』の前編が、19日に放送された。

前編では、訳あってとある地方銀行に銀行強盗に押し入った、猿渡佐助(間宮)。しかし、勢いよく押し入った先では、中東系とアフリカ系のいかつい男2人組が従業員に銃を突きつけ、まさに銀行強盗真っ最中。想定外の鉢合わせに、いきなりピンチに。佐助は、人質の一人・弁護士のさくら(上白石萌歌)の提案を受け、先客の強盗2人組に交渉を試みるが、彼らには言葉が全く通じない。しかも、この2人も強盗に至った深い“事情”を抱えており……。それぞれの、のっぴきならない“事情”が次々明らかになっていくというストーリーだった。

次週26日(23:00~)後編では、銀行が警察に包囲され、佐助は絶体絶命に。狙撃手が引き金を引いた次の瞬間、銃弾に倒れたのは、とっさに佐助をかばった謎の男(細田佳央太)だった。驚く佐助に「……わかりませんか、僕です」。なんと、謎の男の正体は…。

「謎の男」の「ウラ事情」を聞いて涙する一同。さらに、中東系とアフリカ系のいかつい「銀行強盗」2人組は、実は生粋の〇〇であることを打ち明け…2組の強盗の仲介役を買って出た弁護士・さくらは、本当は〇〇であることを打ちあける。ギャル・地味な女・SM嬢のマイ(ファーストサマーウイカ)など、それぞれが「見た目からは想像できない」「ウラ事情」を抱えていた。そして、全て、裏で糸を引いていたのは、警部の山根だった…。

銀行強盗・人質…外見と内面のギャップに問題を抱えていた登場人物たちが、本当の自分の姿を告白した時、全員が一致団結し、想像をはるかに超えた、奇跡の大逆転劇の幕が上がる。