工藤静香、自撮りに修整疑惑が浮上「ライトというか加工してるでしょ」

© メディアシンク株式会社

工藤静香(51)が15日、自身のインスタグラムを更新。投稿写真が話題となっている。

工藤といえば先日、「暑くなったり、涼しくなったり 何れにしても湿気が。。。」とここ最近の気温について言及しつつ、デニムのオーバーオールにルイヴィトンのバッグをアピールするように手に持ったショットを披露したばかり。

そんな工藤、今回の投稿には「一日中マスクをしているから、何だかほうれい線が深くなってきました」「この写真はライトの加減で目立たないだけで、実際はかなり目立ちますし、重力に負けてます」などとつづり、顔がよく見えるアップの自撮りショットを公開した。

さらに工藤は「そこで!! 使ったマスクの紐をシュッシュと除菌をしてから再利用します」などと、自身で考えた肌を傷めないマスクの着用法を写真と共に披露したのだが、ネット上からは「マスク関係なく前からあったと思うけど…」「ライトというか加工してるでしょ」「加工してるんじゃないの?」「こんなに白飛びしているのにライトの加減だけではないよね」などの痛烈なツッコミの声が殺到している。

今回公開した自撮りショットはいつもよりもほうれい線が薄く見える写真であったため、このような声が集まってしまったようだ。