中国各地で高齢者の自宅のバリアフリーリフォームを積極的に推進

© 株式会社 Record China

中国の第7回国勢調査のデータによると、中国では65歳以上の人口が1億9千万人に達し、総人口に占める割合は13.50%になった。目下、高齢者の大多数は依然として在宅介護をまず選択しているため、自宅のバリアフリーリフォームも徐々に進められている。高齢者の居住環境を適宜改善することで、高齢者が安全に便利に暮らせるようにしている。人民日報が報じた。

「このリモコンのボタンを押すと、明かりがつくのよ!」と話すのは北京市豊台区に住む女性の陳さん(72)。ベッドの所へ行くと枕元から四角いリモコンのスイッチを出して、照明器具のバリアフリーリフォームの成果を見せてくれた。この「ちょっとしたリフォーム」で、夜起きた時もなかなか明かりがつけられなくて困るということがなくなったという。

陳さんの自宅のリフォームは2019年9月から始め、主に寝室、浴室、トイレをリフォームした。寝室の明かりはスマート照明に変わった。ベッドサイドには小テーブルが置かれ、体を起こすときの支えにもなれば日用品を置くこともできる。浴室には浴室用イスが置かれ、床面には滑り防止マットが敷かれた。便器の両側には手すりがついた。このほか折りたたみ車椅子と歩行器も新たに取り入れた。

陳さんは、「リフォームしてすごく便利になった。トイレもお風呂もより安全に入れるようになった。リフォームには全部で4400元(1元は約17.0円)くらいかかったけれど、自己負担はゼロで、全部政府が出してくれた」と話した。

陳さんの居住環境の改善は北京市が推進する高齢者の自宅バリアフリーリフォーム推進政策の恩恵を受けたものだ。2016年9月におけるリフォームの対象は移動補助、入浴補助、掃除補助、緊急支援、リハビリサポートなどとなっており、そのリフォーム標準は1世帯あたり5千元以内とされていた。こうして自宅バリアフリーリフォームが始まってから5年が経ち、大勢の高齢者がこの恩恵を受けている。北京市民政局の関係責任者は、「今年はさらに困難を抱えた高齢者世帯2千戸以上の自宅バリアフリーリフォームを行う」と述べた。

こうした取り組みは北京だけではない。今年7月には上海市が自宅バリアフリーリフォームの全面的推進をスタートし、60歳以上の全て高齢者がリフォーム申請を行えるようになった。条件を満たした困難を抱える世帯の高齢者、子どものいない高齢者、一人暮らしの高齢者などには、福祉宝くじの収益金から一定の補助金が支給される。浙江省杭州市上城区は今年、困難を抱える高齢者世帯218世帯をリフォームする計画だ。テストリフォームの対象となった困難世帯に対し、政府からは1世帯あたり6千元の補助金が支給される。

政府の推進だけでなく、今では多くの企業が自宅バリアフリーリフォームサービスを提供し、対象ごとに1対1でリフォームプランを制定している。最近は自らバリアフリーリフォームをオーダーする高齢者とその家族もますます増えている。

専門家は、「現在の中国のバリアフリーリフォームは発展の初期段階にあり、普及率は高くない。高齢者関連の消費サービス市場には巨大なチャンスが潜み、可能性は非常に大きい。政府や関連企業は不動産会社などと協力し、広告やセミナーなどの方法でより多くの高齢者とその子ども世代にバリアフリーリフォームの必要性を知らせるべきだ」とアドバイスした。(提供/人民網日本語版・編集/KS)