同じ学校にも病気で髪を失った子 「困ってる人を助けたい」3年間伸ばした髪を寄付

© 株式会社沖縄タイムス社

宮城星音(せいね)さん

[ひと粋]宮城星音(せいね)さん(11)

 新聞記事でヘアドネーションを知り、3年間伸ばした髪を寄付した。「病気で困っている人を助けたい」と、将来の夢は薬剤師。

 同じ学校にも病気で髪を失ってしまった子どもがいたといい、自分の髪が、そうした子どもの助けになるならと挑戦した。髪を伸ばすと暑く、手入れも大変だったが、また伸ばす予定。「伸びる頃には中学生くらいかな」(北中城)