「うさぎ」や「お月見」をかわいく作る簡単お弁当レシピ

© 株式会社マイナビ

こんにちは。お弁当講師の刑部菜穂子です。外に出ればまだまだ汗ばむ季節ではありますが、日が落ちるのも随分と早くなってきました。少しずつ秋の訪れを感じるこの頃です。

今年の中秋の名月は9月21日ですね。園で、十五夜にまつわるお話を聞いてきたお子さまも多いのではないでしょうか。今回はお月見の季節なので、うさぎや月モチーフのキャラ弁をご紹介します。

アレンジ無限大『うさぎおにぎり』

作り方はほとんど同じですが、ご飯に色を付けたり、食材を変えたりするだけで、雰囲気が変わります。

今回の『うさぎおにぎり』に限ったことではありませんが、ご飯は色付けしやすく、形も自由に形成できることからキャラ弁を作る時は、ついついご飯の量が多くなってしまうことがあるようです。

大きすぎると食べづらいので、私の場合、おにぎりを握る時は、ご飯の量は大体40g~60gになるようにしています。おにぎりを握る際は、気にかけてみてください。では作っていきましょう。

ピンクのうさぎおにぎりの作り方 {#id2}

(1)写真左上

《準備するもの》
・ピンク色の粉末すし酢、ふりかけなど
・マスキングテープ
・爪楊枝
・薄切りしたにんじん(ほっぺた用) ・海苔(海苔パンチ)

1、マスキングテープを、爪楊枝にはさむように貼り付ける。ハサミで切って耳を作る。

2、ご飯50gに、ピンク色の粉末すし酢、ふりかけなどを使って色をつける。丸く握る。

3、ご飯3gを平たく楕円に形を整える。

4、薄切りしたにんじんを茹でて丸型で抜き、頬を作る

5、ハサミや海苔パンチで目鼻口を作る。

ソーセージ耳の白うさぎ

(2)写真中上

《準備したもの》
・ミニソーセージ
・焼きパスタ
・コーン
・海苔(海苔パンチ)

1、ご飯50gを丸く握り、塩をまぶす。お好みで中に具材を入れても。

2、ミニソーセージを切り、耳と頬を作る。

3、ハサミや海苔パンチで目鼻口を作る。

4、焼きパスタ(耳を顔につけるため)とコーン1粒(鼻)を用意する。

おかかのうさぎ

(3)写真右上

《準備したもの》
・ミニソーセージ
・焼きパスタ
・かつおぶし
・海苔(海苔パンチ)

1、ご飯50gにめんつゆを混ぜ、丸く握る。かつお節をまぶす。

2、ご飯3gを平たく楕円に形を整える。

3、ミニソーセージを切り、耳と頬を作る。

4、ハサミや海苔パンチで目鼻口を作る。

一口サイズのうさぎ

(4)写真下

《準備したもの》
・薄焼き卵、ハム、きゅうりなど(耳になる部分)
・海苔(海苔パンチ)

1、ご飯40gを楕円に握る。

2、ご飯3gを丸く握る。

3、好みの食材(薄焼き卵、ハム、きゅうり)を細長い型で抜く。

4、ハサミや海苔パンチで目鼻を作る。

材料の準備ができたら、ご飯とご飯をくっつけ、ラップで包み、少しおいておきます。

ご飯同士がくっついたら、顔パーツをつけていきます。パーツを焼きパスタ(パスタを軽く炒ったもの)でつける時は、ご飯に刺す部分を長めにとっておくと、時間が経っても崩れにくいですよ。

お弁当に詰める時は、小さな手をつけると、さらに可愛くなります。

忙しいときはおにぎり型を使ってうさぎに

朝からおにぎりを作るのが面倒な時は、

丸型にこだわらず、おにぎり型を使っても便利です。

お弁当箱にも詰めやすく時短になりますよ。

ご飯を詰めるだけのときも、上にパーツをのせるとかわいいうさぎ弁当を作ることができます。

団子のピックを入れたり、さつまいもの甘煮でお月様を添えたりすると、より十五夜のイメージになるかと思います。ピックは園によって禁止されているところもあるので、使う際は確認をするようにしましょう。

続いては、おかずやデザートのレシピを紹介します。

うさぎとお月様おかず

ご飯以外の食材でも、さつまいもマッシュで、うさぎやお月様も作れます。旬のさつまいもを蒸かして裏ごしをして丸や楕円に形を整えれば、うさぎや

お月様にも。

ごまや海苔で目をつけたり、耳をつけるとぐっとかわいく見えますね。

そぼろご飯で月見弁当

簡単なそぼろ弁当も、卵そぼろを月に見立てると季節感のある仕上がりに。ご飯の上にのせて丸型を使うと詰めやすいと思います。私はセルクル型を使用しました。型に合わせて卵ぞぼろを詰めていきます。

鶏そぼろをのせたら、最後に上からラップで押さえると仕上がりがきれいになります。

型抜きをした茹でにんじんと、かまぼこのうさぎをのせれば出来上がりです。

かまぼこのうさぎは、ピンクの部分を3分の2ほど切り、耳に見えるよう内側に丸めて作りました。ごまで目をつけるとよりかわいらしく作れます。

デザートの「お月見牛乳缶」

お月見の定番といえばお団子ですが、手軽に作れてさっぱり食べられるお月見牛乳缶もオススメです。とても簡単手早に作ることができますよ。

お月見牛乳缶の作り方

【材料】6個分

黄桃(缶詰2つ割り)──6切れ
牛乳──500ml
粉寒天──4g
砂糖──大さじ3

【作り方】

1、黄桃を皿の上にのせる。

2、鍋に牛乳と粉寒天を入れて混ぜ、火にかける。

3、沸騰したら弱火にして1分ほど、かき混ぜる。

4、砂糖を入れてよく混ぜたら火を止める。

5、1の器に4を注ぎ入れ冷やしできあがり。

チョコレートで作った、うさぎのシルエットをのせれば、

さらに、お月見らしくなると思います。

黄桃が丸ごとゴロッと入っているので、小さなお子様には食べにくいかもしれません。食べる時に、ナイフ等で切ってあげてください。

今回ご紹介した、おにぎりや、さつまいもおかず、牛乳缶など、簡単に作る事の出来るものばかりなので、お弁当に入れるだけでなくお時間があったら、ぜひ、おうち時間に、お子さまと一緒に作ってみてください!

十五夜は、一年のなかで、一番きれいな満月が見られる日だそうです。晴れてお月見ができますように。

刑部菜穂子

おさかべなほこ

この著者の記事一覧はこちら