北ア槍ヶ岳の『落石』 北鎌尾根の“独標のコル”で休憩中…7人身動きとれず けが人含む4人救助

© 株式会社長野放送

19日、岐阜県で震度4を観測した地震で北アルプスでは各地で落石などが相次ぎました。3連休で登山者も多く槍ヶ岳では7人が遭難しこのうち1人がけがをしました。

「崩れたな…」

19日、午後5時20分ころに北アルプス涸沢カールで登山者が撮影した映像です。白い土煙が数カ所であがっています。

この映像の直前に岐阜県飛騨地方で震度4を観測する地震があり、その影響で北アルプスでは各地で落石などが相次いだとみられます。

このうち槍ヶ岳では愛知県の男女3人パーティーなど6人が落石の影響で身動きが取れなくなり、19日、警察に救助を要請。

県警は20日、ヘリコプターで愛知県の3人を救助しました。けがはありませんでした。

救助された愛知県の男性:

「怖かった。自分たちが歩いていたのは、北鎌というバリエーションルート。5分、10分前に歩いたルートの岩が落ちた。独標のコルという場所にテントを張って休憩していた、ご飯も食べて、そしたら、いきなり揺れて、すごい音がして、ガラガラと。テントから外を見たら岩が落ちていて土煙が。そのあと7時、8時ぐらいまで余震があって、余震のたびに岩の落ちる音がして。下手に動いて二次災害を起こしてもいけないと思って、申し訳なかったが、ヘリの要請をしました」

また、残る3人は自力で下山しました。

一方、20日になって東京都の61歳の男性が落石でけがをしたと警察に通報があり、ヘリで救助しました。命に別状はないということです。

19日から20日にかけ、ほぼ同じ場所を震源とする震度1以上の地震が14回観測されています。

周辺では去年も4月から4カ月間、地震が相次いだこともあり、警察などは登山者に注意を呼びかけています。

※画像:地震直後に北アルプス涸沢カールで撮影 提供・登山者