男子単で日本勢好発進 篠塚は東京五輪香港代表に挑む<卓球・WTTスターコンテンダードーハ>

© 株式会社ラリーズ

<WTTスターコンテンダードーハ大会 9月20日~25日>

20日、WTTスターコンテンダードーハ大会は初日を迎え、男女シングルスと男子ダブルスの予選1回戦が行われた。村松雄斗(東京アート)、木造勇人(愛知工業大)、篠塚大登(愛工大名電高)の3名が男子シングルスの予選1回戦を突破し、2回戦に臨む。

総括

日本勢で最初の試合となった木造は、DANESHMAND Behrooz(アフガニスタン)相手に終始自分のペースを保ってプレーし、3-0のストレートで快勝した。村松はHRIBER Peter(スロベニア)に第1ゲームからデュースに持ち込まれるも接戦を制してゲームを取ると、第3ゲームでも再びデュースをものにして3-0で勝利する。篠塚もISMAILOV Sadi(スロベニア)に1ゲーム取られながらも3-1で勝利し、全員が2回戦進出を決めた。

写真:プリティカ・パヴァデ(フランス)/提供:ittfworld

女子シングルス予選の注目株であるプリティカ・パヴァテ(フランス)は1回戦で相手に計6点しか与えない見事なプレーで2回戦へと進んだ。また、男子ダブルスでもボヤン・トキッチ(スロベニア)/セドリック・ヌイティンク(ベルギー)ペアが2回戦へと駒を進めている。

2日目となる21日には、男女シングルス、男女ダブルスの予選通過者決定まで行われる。

2日目見どころ

写真:村松雄斗(東京アート)/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルスでは篠塚以外の3名が同じブロックに入っているため、戸上隼輔(明治大)と村松が2回戦で日本勢対決、この勝者と木造が3回戦で激突する可能性が高い。3名の中で誰が予選通過の切符を獲得するのか。一方篠塚は、2回戦で東京五輪男子団体に出場した林兆恒(リンチャンフン・中国香港)との重要な一戦を迎える。この試合にも注目だ。

写真:林兆恒(リンチャンフン)/提供:ittfworld

男子ダブルスでも木造/吉村和弘岡山リベッツ)ペアが登場する。シンガポールペアに勝利して予選通過なるか、こちらも見逃せない。このほか、女子シングルス、女子ダブルスでも予選の全試合が行われ、22日から始まる本戦への出場者を決定する。

日本選手 予選結果

男子シングルス1回戦

〇村松雄斗 3-0 HRIBER Peter(スロベニア)
12-10/11-7/14-12

〇木造勇人 3-0 DANESHMAND Behrooz(アフガニスタン)
11-5/11-5/11-3

〇篠塚大登 3-1 ISMAILOV Sadi(スロベニア)
11-8/8-11/11-6/11-9

21日 日本選手試合予定

男子シングルス予選2回戦

戸上隼輔 – 村松雄斗

木造勇人 – ANTHONY Amalraj(インド)

篠塚大登 – 林兆恒(リンチャンフン・中国香港)

男子ダブルス予選2回戦

木造勇人/吉村和弘 – チュウ・ツェユ/BEH Kun Ting(シンガポール)

WTTとは

ITTF(国際卓球連盟)が新たにスタートさせた、卓球の国際大会の新シリーズのこと。

これまで開催していたITTFワールドツアーを廃し、新たに、五輪・世界選手権に並ぶ最上級カテゴリーの大会として、グランドスマッシュを位置づける。その他に「カップファイナル」、「チャンピオン」、「スターコンテンダー」、「コンテンダー」などのカテゴリー別大会が開催される。

図:WTT概要/作成:ラリーズ編集部

スターコンテンダー・ドーハを観る方法

試合の模様は、WTT公式サイトやテレビ東京Youtubeチャンネルでも配信される。
また、発表されている実況・解説付きのライブ配信としては、J SPORTSにて9月21日(火)午後4時から登場する、PC、スマホ、タブレットで見られる動画配信サービス「J SPORTSオンデマンド」の卓球パックにて、23日〜25日の3日間、注目試合を中心に全時間帯を実況解説と共に、お手元のスマホでライブ中継が楽しめる。

こちらは月額1,100円(税込)、U25割(25歳以下)なら月額550円(税込)というお手頃価格で、申込みから視聴までスマホで簡単に完結するということだ。11月以降もWTTシリーズの試合配信を予定している。

写真:J SPORTS放送・配信概要/提供:J SPORTS

写真:11月のJ SPORTS放送・配信予定/提供:J SPORTS

日本の自宅から、遠くドーハでの各選手の活躍を楽しみたい。

文:ラリーズ編集部