マレーシア、中国のTPP加入を歓迎―中国メディア

© 株式会社 Record China

中国が日豪など11カ国による環太平洋経済連携協定(TPP)への加入を申請したことについて、マレーシア国際貿易産業省(MITI)は「期待」と「歓迎」を表明した。中国国営中央テレビ(CCTV)のニュースサイトが19日付で報じた。

MITIは国営ベルナマ通信の取材に応じ、「マレーシアは環太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定(CPTPP)のパイオニアメンバーの一つとして、経済大国・中国の加入を歓迎する」とした。

また「MITIは、中国がCPTPPへの加入を正式に申請するという最近の動きに特に勇気づけられている」とし、「中国との二国間貿易と投資がさらに高まると確信している」とした。

TPPは、日本、ベトナム、シンガポール、マレーシア、ブルネイ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、メキシコ、ペルー、チリの11カ国からなる自由貿易の枠組みで2018年に発効。米国はトランプ前政権時代の17年に離脱した。(翻訳・編集/柳川)