経験0からクラファンで達成率5000%超え!上崎圭哲さんの“実績”の作り方

© 株式会社えんメディアネット

未経験で大手メーカーと勝負する!株式会社ウィズキュリオス代表・上崎圭哲さん

2018年にクラウドファンディングサイト「Makuake」で目標金額の5047%、金額にして1,500万円超を叩き出したプロジェクトがありました。それが、有名メーカーのタイヤを使ったキャリーケース「リージェントスクエア」。

https://www.makuake.com/project/regent-square/

クラウドファンディングの実行者である「株式会社ウィズキュリオス」は、福岡県の企業であると知り、早速取材へうかがいました。
広報担当として応対いただいた上崎圭哲さんにお話を聞いてびっくり!なんと、こちらは上崎さんが経験ゼロから立ち上げた会社なんですって。しかも、クラウドファンディングはこのプロジェクトが一発目。「実は、キャリーケースなんて使ったこともなかったんですよ」という衝撃の一言まで飛び出したのです。 けれども、その後に続いたのは華麗なシンデレラストーリーではありませんでした。好奇心とガッツを武器に困難を乗り越えた冒険譚だったのです。

“メーカー経験ゼロ”から飛び込んだ、自社製品開発へのチャレンジ

スポーツクラブに勤務していた上崎さんが、地元福岡を拠点にパソコン一つで企業できるECビジネスに転身したのが2012年。最初は服飾雑貨を輸入してECサイトで販売をしていたそうですが、商売が軌道にのってから次なる目的ができたのだとか。

上崎さん
出かけた先のお店で、自分が作った商品が並んでいるところを見たいと思ったんですよ。といっても、今まで他社製品だけだったので、まずは自社製品を開発しようとブランドを立ち上げる必要がありました。それで、当時は旅行業界が伸びていたから、トラベル用品にしようと思いついたんです

「グッドイヤー」のタイヤ部分は取り外しも可能。故障したら取り替えることができるのも魅力

ーキャリーケースというアイデアは最初からあったんですか?

上崎さん
いえ、最初はパスポートケースなど低価格の商品を作っていました。でも単価が高くて利益が出るモノでないと店舗に置いてもらえない。ならば、キャリーケースがいいかなと。手ごろな値段だと大手に勝てないので、機能で差別化してそれなりの価格の製品を作ろうと考えたんです。でも、自分にはメーカーの知識もバックボーンも無いし、何より買おうとすら思ったことすらなかった。だから、まずは、キャリーケースを知ろうと、メーカーや工場に見学に行ったんです

香港に本社を構える「Darton group」は14社もの子会社を持つ巨大メーカー。上崎さんの話にもきちんと向き合ってくれたという

キャリーケースの多くが海外の工場で作られています。上崎さんは、中国、香港、イタリア、フランス、ニュージーランドなどへおもむき、現場を直に見ては担当者に話を聞いたそうです。その中で出会った香港の企業「Darton group」に興味を抱いた上崎さん。なんとその場で業務委託の交渉を持ちかけたとか。

上崎さん
Darton groupは、生活雑貨の製造などを手掛けるメーカーでしたが、新規事業として新しくトラベルブランドを立ち上げてキャスターに特化したキャリーケースの製品化を進めていた。彼らに協力する形ではじめは出来上がった製品を⽇本の展⽰会に持ち込んだんですよ。その時は何⼗社と売り込んだけれど、全く相⼿にされませんでした

初めての展示会での苦い経験が、キャリーケース大ヒットのカギに

せっかくのアイデアが評価されなかったのは、製品が日本用にローカライズされていなかったこと、そして実績が無かったことにあると考えた上崎さん。もっと日本の市場に合わせて考えなければ売れないと、自らキャリーケースの改良を工場に提案します。

ーキャリーケースの改良は、どんな点にこだわって開発されたんですか?

上崎さん
ビジネス出張用を想定していたので、スーツケースを開けなくても、表のポケットに収納できるフロントオープンタイプにしました。日本でトレンドのデザインでしたが、流通しているものはパソコンが入るくらいの狭いサイズが多い。

ビジネスバックやお土産まで入れたいという声もあったので、中の仕切りを移動させて容量を調整できるようにしたんです。他にも、日本のユーザーは細かい要望が多いと感じていたので、できるだけニーズをひろっていこうと。実際に空港に行ったり、展示会で会ったメーカーさんに話を聞きに行ったり、必死で情報を集めました

さらに、上崎さんはインパクトのある実績を作るため改良版をクラウドファンディングに出品したのです。Makuakeに登場するや、キャリーケースは予想を超えて大ヒット!その結果は、モノづくりの経験が無かったからこそだと上崎さんは考えています。

上崎さん
僕は全くの素人で、メーカーとしての経験も無い。つまり、『こんなのあったら買いたい』という完全な顧客目線で取り組めたんですよ。そこから商品について学んだので、お客さんの目線も作り手の目線も理解できるようになったんです。さらに、強みとなったのは、ECサイト制作の経験です。『これは何だろう?』と興味をそそる写真やスペックをわかりやすく示したデータと表を入れるなど構成を工夫したのが成功につながったのだと思います

キャリーケース本体にUSBポートがあり、ポケットルーム内にモバイルバッテリーと接続できるケーブルを内蔵。手持ちのバッテリーでそのまま充電できる

例えば、キャリーケースに付いているUSBポート。キャリーケースからパソコンにつながっている写真は、ダイレクトに機能性を感じさせます。これも、上崎さんがこだわった見せ方の一つ。
企画からデザイン、広報と、全てに自分が関わっていたからこそ、一貫してわかりやすく、支援者の心に響くプロモーションができたのです。

クラウドファンディング中には、展示会で名刺を交換した企業にも営業をかけていたという上崎さん。プロジェクト開始から、500万円達成、100名達成など、まるで実況中継のようにメールを送っていたそうです。

上崎さん
クラウドファンディングのページは、どのくらい売れているかリアルタイムで教えてくれるでしょう。『これだけ売れているからお店においてください』と、メーカーにも言えますよね

「クラウドファンディングは営業ツール」。コロナ禍にヒントを得た第二弾も成功

自社製品第二弾として非接触ツールを開発。多くの人に使って欲しいと、1本購入してシェアするともう一本もらえるキャンペーンも実施
クリーンタッチの詳細はこちら

クラウドファンディング中に、展示会で名刺を交換した企業にも営業をかけていたという上崎さん。プロジェクト開始から、500万円達成、100名達成など、まるで実況中継のようにメールを送っていたそうです。

上崎さん
クラウドファンディングのページは、僕にとっての商品カタログなんです。どのくらい売れているかリアルタイムで教えてくれるでしょう。『これだけ売れているからお店においてください』と言えますよね。これからも新商品を作っては、クラウドファンディングで発表するというスタイルは変えずにいこうと思っています

クラウドファンディング後は営業をかけるたびに話がまとまり、全国展開の大手量販店での取り扱いも始まりました。この経験をきっかけに、クラウドファンディングの捉え方も変わったそうです。

上崎さん
クラウドファンディングで出したページは、僕にとっての商品カタログにもなっているんです。数字に嘘はないですし、ユーザーのコメントも分かる。これからも新商品を作っては、クラウドファンディングで発表するというスタイルを変えずにいこうと思っています

ところが、まさにこれから、という時期に新型コロナウイルスが流行。トラベルグッズの動きは、完全にストップしてしまったのです。それでも上崎さんはこの状況からヒントを得て、第二弾のアイデアを進めました。

上崎さん
キャリーケースがストップして、余った時間で考えたのが『クリーンタッチ』です。これは、エレベーターや吊り革などを触らずに使用できる非接触ツール。発表時は、コロナ禍の最初の年でいろいろな対策が検討されていた時期でした。だからこそ、『みんなでコロナを防ごう』と気持ちを一つにするデバイスを作りたかった。結果的にはここでも成功できたので、感慨深いものがありましたね

旅を楽しむようにビジネスで遊ぶ。上崎さんのこれからとは…

上崎さんが一人で動きだしてから約3年、メーカーや工場との関係性も180°変わりました。今では、開発で知り合った海外メーカーが日本のマーケットに進出するために製品開発のサポートも行っているそう。クラウドファンディングの履歴にも、多種多様なアイテムが登場しています。
その中でも、特に印象的なのがスーツケースを共に作った香港の「Darton」とのパートナーシップです。

「リージェントスクエア」は最初のクラウドファンディング後、すぐに東急ハンズ全店で導入された。同年にはコンテストで「ニューフェイス賞」をゲット。上崎さんの大きな自信につながったという

上崎さん
最初は⽇本の常識が通⽤しなくて、どうやって⾃分の作りたい物を伝えるかに苦労 していたんです。結局は、何度も通ってじっくり話したんですが、その熱意が伝 わったのか、クラウドファンディングの結果もすごく喜んでくれました。

⽇本の ⼤⼿メーカーが⾹港の⼯場に『うちで代わりに作らせて』と交渉した時も、必ず 僕を通すよう⾔ってくれて。本当は⼤⼿企業と直接契約した⽅が彼らにもメリ ットは⼤きいはずなんですよ。でも、デザインや商品開発、販売先を開拓した僕の熱意とアイデアを認めてくれましたし、第⼆弾のプロジェクトも積極的に協⼒してくれ た。今回勝ち得た信頼はお⾦に勝るものがありますね

店舗取り扱いが増えて、さらなる改良が加えられた「リージェントスクエア」。アフターコロナの旅行需要に備えた量産も検討している
「リージェントスクエア」第二弾プロジェクトの詳細はこちら

知らない世界に飛び込んで、失敗を積み重ねながら糧にしていく。なんとも泥臭いトライアンドエラーの一方で、クラウドファンディングなど新しいシステムを利用する。柔軟な活躍の背景にあるのは、「やったことがない道を選ぶ」というモットーです。

上崎さん
新商品の構想を練っている途中ですが、ずっと同じような製品を生み出し続けようとは考えていません。むしろ、次は販売プロセスから変えたい。自社製品を店舗で売るという目的は達成したので、メーカーが直接顧客とつながるDtoC(Direct to Consumer)や、インフルエンサーなど個人がつながるPtoC(Person to Customer)とか。そういった未知の領域への挑戦が自分のモチベーションになっているんだと思います

目的地に到達したら、また次を目指す。上崎さんのビジネスはまるで旅行者のようなワクワクに満ちています。今の時代だからこそ叶うサクセスストーリーは、こちらの“旅心”にも火を付けてくれるのではないでしょうか。

株式会社ウィズキュリオス
代表 上崎圭哲(ウエサキ タカノリ)
2012年に服飾雑貨を扱う貿易会社として起業して、輸入した製品をAmazonや楽天市場などの大手モールに出品。2018年4月には「楽天市場月間MVPショップ・オブ・ザ・マンス」を受賞した。また、2018年からトラベルグッズの開発に着手し、キャリーケース「リージェントスクエア」の総代理店事業も行う。現在は、海外メーカーとも提携しながら、独自の製品開発を進めている。
https://withcurious.com
Makuakeプロジェクトページはこちら