有名なオペラの紹介:オペラを楽しむための初心者向けガイド

© ユニバーサル ミュージック合同会社

Luciano Pavarotti and Renata Scotto in La Bohème Photo: Deutsche Grammophon (c) 1977 MET Guild Inc/Frank Dunand

このガイドでは、モーツァルト、ヴェルディ、プッチーニ、ワーグナーなどの偉大な作曲家による最も有名なオペラのいくつかを紹介していく。

読者の皆様は、オペラは初めてだろうか? この芸術は400年前にルネサンス期のイタリアで誕生して以来、ギリシャの神々から典型的なプレイボーイまで、あらゆるテーマを扱ってきた。我々の初心者向けガイドをお読みいただき、ご紹介する動画をご覧いただけば、皆様が思っていたよりも多くのオペラを知っていることに気付かれるかもしれない。

___

オペラはどのように始まったのか?

今から約400年前、ルネサンス期のイタリアで始まった。ルネサンス期のイタリアでは、音楽、詩、ダンス、演劇、絵画などを一つの芸術形式にまとめようと、芸術家や音楽家が集まり、古典主義の流れを汲みながら(ギリシャの伝説も取り入れながら)、一つの芸術形式を作り上げていった。公式には、最初のオペラはヤコポ・ペーリの《ダフネ》(スコアは失われている)であったが、今日でも演奏されている最初の重要な作品は、オルフェウスとエウリディーケの古典的な伝説に基づいたクラウディオ・モンテヴェルディの《オルフェオ》(1609)である。

モンテヴェルディ(1567-1643)は少なくとも18のオペラを書いているが、そのほとんどが失われてしまった。しかし、彼の最後の傑作である1642年の《ポッペアの戴冠》は現存している。オペラの最後を飾るネロとポッペアの輝かしい愛の二重唱は「ずっとあなたを見つめ(Pur Ti Miro)」である(ポッペアはネロを手に入れたが、後に妊娠中の彼女を蹴り殺したという逸話がある)。

最近では、この二重唱は実際にはモンテヴェルディの助手の一人が書いたものだと考えられているが、350年以上も前に書かれたにもかかわらず、いまだに私たちに直接語りかけてくる、官能的に絡み合う旋律を聴けば、そのことは問題にならないだろう。

<動画:MONTERVERDI: L'incoronazione di Poppea "Pur ti miro, Pur ti godo" (Jaroussky, De Niese)

バロック時代のスターたち

バロック時代になると、ヨーロッパではオペラが大流行した。華麗なアリアが歌われ、可動式の豪華な舞台装置など、豪華で高価なものが登場するようになった。イタリア・バロック・オペラの偉大な作曲家の一人は、実は人生の大半をロンドンで過ごしたドイツ人、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(1685-1759)である。

彼の最大の成功した作品の一つは、投獄された王女が歌った有名な嘆きのアリア「私を泣かせてください(Lascia Ch’io Pianga)」を含む《リナルド》(1711)であった。アリアは、カストラートのファリネッリ(本名:カルロ・ブロスキ、1705-82)のことを扱った1994年の映画で取り上げられている。

カストラートは、ソプラノの声を維持するためにボーイソプラノとして去勢された男性歌手のことである。生き残ってトップに立った数人は、17~18世紀の声楽界のスターとなった。現在、彼らが演じた役はカウンターテノールや女性によって歌われている。

古典派の感性

これらのオペラはすべて、古代ギリシャやローマの物語、あるいは伝説的な王や女王、神々や英雄を題材にしていることにお気づきだろうか。古典派の時代になると、啓蒙主義と呼ばれる社会的な運動によって、音楽の形式はより精巧になり、神々の登場を減らして人間を増やすという、より現実的なプロットへと変化し、劇の内容よりも歌手の声を偏重するバロック・オペラの姿勢に反発するようになった。

古典派の究極のオペラ作曲家といえば、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-91)だ。例えば、1781年に発表したオペラの傑作《フィガロの結婚》は、革命前に活躍したフランスの作家、ボーマルシェの戯曲をもとに、使用人が貴族の主人を最終的に出し抜くという政治的な寝室茶番劇である。

このオペラは、展開が速く、不謹慎かつ滑稽、しかも素晴らしい音楽に満ちている。例えば、映画『ショーシャンクの空に(The Shawshank Redemption)』に登場する、非常に美しい「手紙の二重唱」(「やさしいそよ風が(Sull’aria)」)などだ。

しかし、モーツァルトはドラマの名手でもあった。《ドン・ジョヴァンニ》では、女たらしの主人公が、自分が殺した男の幽霊の石像に引きずり込まれて地獄に落ちるという、ぞっとするようなシーンがある。ピーター・シェーファーの戯曲を基にした1984年の映画『アマデウス』では、このエピソードが中心となって物語を形成している。

ロマン派

ロマン派の時代にも、オペラは繁栄を続け、規模も大きくなっていった。グランド・オペラが突然流行し、すべてがより大きく、より長くなった。当時の重要な要素の一つは、イタリアのベルカント運動(文字通り「美しい歌」の意)であった。これは、よりシンプルな和声構造に支えられた、声の輝きと装飾性を追求する音楽様式を指している。

ジョアキーノ・ロッシーニ(1792-1868)は、陽気なコメディと忘れがたい旋律を書く才能に優れていた(1817年の《チェネレントラ》や、その前年に書かれた《セビリャの理髪師》など。後者には一度聴いたら忘れられないようなコミカルなアリア「私は街の何でも屋(Largo Al Factotum)」が含まれている)。

しかし、ベル・カント・オペラ作曲家の多くは、優れた悲劇を書くことを楽しんでいた。それらの作品には、多くの場合、恋愛の失敗によって発狂したヒロインが登場する。これは、長大で精巧な技巧を凝らされた声楽を楽しむための格好の口実となっていた。最も有名な「狂乱の場」は、ガエターノ・ドニゼッティ(1797-1848)の《ランメルモールのルチア》(1835年、ウォルター・スコットのゴシック小説が原作)である。

この場面では、結婚を強要されたヒロインのルチアが結婚式の夜に夫を殺害し、10分間にわたる超絶技巧を駆使した歌唱を聴かせて、正気を失う様を見事に演じている。このオペラでは、通常、ルチアは血のついたウェディングドレスを着て歌う。そのため、ブルース・ウィリス主演のSF映画『フィフス・エレメント』の中で、青い宇宙人がこの曲(「彼の優しい声が(Il Dolce Suono)」)を歌っていても不思議ではない。

19世紀の最も有名なオペラ、そしておそらく最も人気のあるオペラは、フランスの作曲家ジョルジュ・ビゼー(1838-75)の傑作オペラ《カルメン》だ。それには正当な理由がある―何よりも自由奔放な人生を大切にしているロマの女性と、彼女に夢中になっている兵士の物語には、たとえば「セビリャの城壁の近くの(Près de Remparts de Seville)」など、一度聞いたら忘れられないメロディが溢れている。

ビゼーの原作は、オスカー・ハマースタインによる英語のテキストで1943年にブロードウェイ・ミュージカル『カルメン・ジョーンズ』として上演されている。

しかし、19世紀後半は、1813年生まれのイタリア人ジュゼッペ・ヴェルディとドイツ人リヒャルト・ワーグナーという、2人のオペラ界の巨人が活躍していた。ヴェルディは、非常に調和のとれたドラマティックなスタイルで作曲した。彼の最も人気のあるオペラ作品は《椿姫》だ。

この作品は、結核を患う美しい高級娼婦ヴィオレッタの物語である。彼女が第1幕でパーティーの華として歌うアリア「花から花へ(Sempre Libera)」は、歌手の魅力を伝えるのにふさわしい華麗な楽曲だ。1994年に公開されたステファン・エリオット監督の映画『プリシラ(The Adventures of Priscilla, Queen of the Desert)』で、オーストラリアの奥地でドラァグクイーンが口パクで歌うと、妙にしっくりとくる。

一方、ドイツでは、ワーグナーがその大いなる野心と才能でオペラの流れをたった一人で変えてしまった。彼の最もよく知られている作品は、上演に15時間を要する4部作の楽劇《ニーベルングの指環》第一夜《ワルキューレ》の〈ワルキューレの騎行〉であり、8人の戦士の女神の戦いの叫びである。映画『地獄の黙示録(Apocalypse Now)』のヘリコプターのシーンでは、スリリングで不穏な効果を発揮している。

20世紀の夜明け

20世紀初頭は、ヴェルディと同じくイタリア人でメロディに長けたジャコモ・プッチーニ(1858-1924)が活躍した。イタリアのグランド・オペラの伝統(ヒロインの悲劇的な死をテーマにしたものが多い)にリアリズムを新たに加えた作品で、代表作には《ラ・ボエーム》、《蝶々夫人》、《トゥーランドット》、《トスカ》などがあり、非常に人気の高い作品である。この作品は、ジェームズ・ボンドの映画シリーズ『007/慰めの報酬』にも登場している。

20世紀の政治は、ドミトリ・ショスタコーヴィチ(1906-75)による1934年のオペラ《ムツェンスク郡のマクベス夫人》によって芸術と衝突した。このオペラは、スキャンダラスな内容でありながらも輝かしく劇的で、人気を博した。しかし「落ち着きなく悲鳴を上げる神経症の音楽」と非難され、ソビエト政府によって上演禁止とされてしまった。

1966年に公開されたこの映画(タイトルは『カテリーナ・イズマイロヴァ』)では、今は亡き偉大なソプラノ歌手ガリーナ・ヴィシネフスカヤ(ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ夫人としても知られる)が、文盲で満たされない妻が殺人に手を染め、最終的にはシベリアに送還される役を演じている。

戦後の世界

イギリスでは、1945年に初演された《ピーター・グライムズ》によって、ベンジャミン・ブリテンは自身がオペラの巨匠の一人であることを証明した。サフォーク州の海岸を舞台に、孤独な漁師ピーター・グライムズと、彼に不信感を抱く隣人たち、そして彼らの生活を支配する海の物語である。中でも特に迫力があるのは、暴徒化した村の人々が血を求めて荒れ狂う場面だ。

政治とオペラは、20世紀後半に最も成功し、魅力的な作品の一つである。ジョン・アダムスの《中国のニクソン》(1987年)は、米国大統領リチャード・ニクソンが1972年に毛沢東に会うために中国を訪れたという実話に基づいている。特に、毛沢東夫人のために作られた「私は毛沢東の妻(I Am The Wife Of Mao Tse Tsung)」では、韓国のソプラノ歌手であるキャスリーン・キムが、恐ろしくも素晴らしい歌声を披露しているように、彼はメロディックなミニマリズムと高いドラマ性をシームレスに組み合わせている。

今がその時

近年、最も物議を醸したオペラの一つに(実際にはブロードウェイ・ミュージカルである『ジェリー・スプリンガー・ジ・オペラ』を除いて)、イギリスの作曲家マーク=アンソニー・タネジの《アンナ・ニコル》がある。この作品は、雑誌『プレイボーイ』のモデルであった、故・アンナ・ニコル・スミスの人生を基にしている。

一見、奇妙な現代的題材を選んだように見えるが、実際には最高のグランド・オペラの伝統に則ったプロットであり、ドラマティックで悲劇的な人生を歩む大柄なヒロインが登場し、名声の代償についての社会的批判が鋭く展開されている。

伝えるべき物語と放映されるアイディアがある限り、オペラは繁栄していくことだろう。それは結局のところ、生きていく上での痛みや輝かしさ、複雑な真実を理解するために高められた多感覚の手段に過ぎないのである。

Written By uDiscover Team