10万人がスマホで「競走」

月間距離など争うイベント

© 一般社団法人共同通信社

今年3月の名古屋ウィメンズマラソンで力走するマスク姿のランナーら

 新型コロナウイルスの影響で多くの市民マラソンが中止となる中、ランニングの距離などをオンラインで競う「オクトーバー・ラン&ウォーク2021」が10月に開催される。参加は無料で、21日時点で約10万人が登録。主催のアールビーズスポーツ財団は20万人を目標に掲げる。10月1~31日の会期中も募集を続ける。

 参加者はスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、1カ月の総走行距離や歩数を集計。性別や年代別、自治体内での順位がいつでも確認でき、励みや刺激にできる。

 2017年からアプリを利用した方式で実施。参加数は19年に約3万人、昨年は約8万5千人と伸びている。