【高校野球】春夏甲子園出場の専大松戸・深沢がプロ志望届 今夏には明豊戦で11Kの完封劇

© 株式会社Creative2

日本高野連が「プロ野球志望届」の提出者一覧を更新、計136人に

日本高野連は21日、2021年度の「プロ野球志望届」の提出者一覧を更新。千葉・専大松戸を春夏連続で甲子園出場に導いた144キロ右腕・深沢鳳介投手ら12人が新たに追加され、計136人となった。

サイドスローの深沢は、伸びやかな直球やキレのあるスライダー、ツーシームなどが武器。今夏の甲子園では、春の選抜で準優勝した明豊(大分)戦で6安打11奪三振の完封劇を飾った。(Full-Count編集部)