照ノ富士、連敗免れ首位守る

正代7勝目、貴景勝6勝

© 一般社団法人共同通信社

照ノ富士(左)が上手投げで宇良を下す=両国国技館

 大相撲秋場所10日目(21日・両国国技館)新横綱照ノ富士は宇良を上手投げで仕留めて連敗を免れ、1敗で首位を守った。大関陣は正代が大栄翔をはたき込んで7勝目、かど番の貴景勝は関脇明生を押し出して6勝4敗とした。明生は6敗目。

 関脇御嶽海は若隆景を押し出して7勝3敗。小結高安は琴ノ若の休場による不戦勝で、小結逸ノ城とともに4勝6敗とした。

 照ノ富士を1差で阿武咲、妙義龍の平幕2人が追う。十両は天空海、阿炎、錦富士が2敗でトップに並ぶ。