空から眺める楽山大仏 四川省

© 新華社

空から眺める楽山大仏 四川省

 【新華社成都9月21日】中国四川省楽山市の楽山大仏は1996年、同省の峨眉山(がびさん)とともに国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産に登録された。大仏はそびえ立つ山のように雄大で、その姿を一目拝もうと毎年数百万人の観光客が訪れている。(記者/劉海、楊華、張超群)