「第34回東京国際映画祭」予告解禁 millennium paradeがフェスティバルソング担当

© ブロードメディア株式会社

第34回東京国際映画祭

10月30日~11月8日に開催される第34回東京国際映画祭の予告編が解禁された。

今回の約60秒の予告には、オープニング作品の『クライ・マッチョ』とクロージング作品の『ディア・エヴァン・ハンセン』のほか、世界の国際映画祭で注目された話題作、日本での公開がまだ決まっていない最新作などを上映する「ガラ・セレクション」部門(これまでの「特別招待作品」部門から名称変更)の全10本中9本の映像が含まれている。

また、King Gnu常田大希率いるミュージシャンだけでなく、映像ディレクターやデザイナーまでも内包する気鋭の音楽プロジェクトであるmillennium paradeによる「Bon Dance」が“第34回東京国際映画祭フェスティバルソング”として使われている。

細田守監督作品『竜とそばかすの姫』のメインテーマ“U”を手掛け、ビルボード・チャート・グローバル・チャート入りも果たしたmillennium paradeによる楽曲「Bon Dance」は、夏の夜に不思議な世界に迷い込み、妖怪たちの"百鬼夜行"に遭遇する少年少女の一夜限りの思い出を描いたもの。そのお祭り感が映画祭のフェスティバル感ともマッチしたものになっており、今年の映画祭への期待感をあおる。

8月に本曲のMVを公開した際、常田は「今皆さんそれぞれが耐え忍ぶ毎日を送っていると思います。元通りの世の中に一刻も早く戻れる事を祈ってお盆にあの曲のMVを公開しました。無くなった夏祭りの代わりに、ささやかな我々の夏祭りをどうぞ。大密なMVになってます」とコメントしている。

また、ジャパニーズアニメーション部門では、創成期から活躍し、3月に逝去したアニメーター・大塚康生氏のレトロスペクティブで歴史を振り返る一方、「2021年、主人公の背負うもの」というテーマで最新アニメが描こうとしているものに注目する。特撮部門は生誕50周年を迎えた「仮面ライダー」シリーズの特集が決まった。

本予告編は、9月24日より東京都内近郊の各劇場で上映開始される。

第34回東京国際映画祭は、10月30日~11月8日、東京の日比谷・有楽町・銀座地区にて開催。