秋の訪れ告げるヒガンバナ見ごろ 栃木・みかも山公園

© 株式会社とちぎテレビ

栃木市岩舟町のみかも山公園では秋の訪れを告げるヒガンバナが見ごろを迎えています。

みかも山公園の中にある万葉庭園にはヒガンバナの群生地が広がり、池のまわりを鮮やかな朱色で染めています。

今年は暖かい日が続いた影響もあり例年よりも開花が早いということです。

ヒガンバナは別名「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」とも呼ばれ、仏教用語では「天上の花」を意味します。

また「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、季節の移り変わりを知らせてくれる花として親しまれています。

群生地には青空の下咲き誇る真っ赤なヒガンバナをカメラに収める人の姿が多く見られました。

みかも山公園のヒガンバナは来週いっぱい楽しめます。