路地の壁に絵画、昔日の暮らし描く 上海市

© 新華社

路地の壁に絵画、昔日の暮らし描く 上海市

19日、上海市静安区平徳里にある路地の風景を描いた壁画の前を自転車で通り過ぎる人。(上海=新華社記者/陳飛)

 【新華社上海9月22日】中国上海市静安区平徳里の石庫門(中洋折衷型の伝統建築)が多く集まる路地では現在、取り壊しや改築が進められている。絵画愛好家らは建築物の外壁にかつての暮らしの様子を描き、時空を超えたユニークな風景を作り出した。

路地の壁に絵画、昔日の暮らし描く 上海市

19日、上海市静安区平徳里で、路地の風景を描いた壁画の前を通る人。(上海=新華社記者/陳飛)

路地の壁に絵画、昔日の暮らし描く 上海市

19日、上海市静安区平徳里で、路地の風景を描いた壁画の前を通る人。(上海=新華社記者/陳飛)

路地の壁に絵画、昔日の暮らし描く 上海市

19日、上海市静安区平徳里で、路地の風景を描いた壁画の前を通る人。(上海=新華社記者/陳飛)

路地の壁に絵画、昔日の暮らし描く 上海市

19日、上海市静安区平徳里にある路地の風景を描いた壁画の前を自転車で通り過ぎる人。(上海=新華社記者/陳飛)

路地の壁に絵画、昔日の暮らし描く 上海市

19日、上海市静安区平徳里で、路地の風景を描いた壁画の前を通る人。(上海=新華社記者/陳飛)

路地の壁に絵画、昔日の暮らし描く 上海市

19日、上海市静安区平徳里で、路地の風景を描いた壁画の前を通る人。(上海=新華社記者/陳飛)

この記事はいかがでしたか?