今日は広く雷雨や突風に注意を (解説:#気象予報士 #穂川果音)

週間天気予報

© 株式会社サニースポット

2021年9月22日 今日は広く雷雨や突風に注意を (解説:#気象予報士 #穂川果音) こちらは、今日午前11時時点での雨雲の様子です。 西日本から北日本の広い範囲で雨が降っているのが分かります。局地的には、激しい雨の降ってるところもあるんです。 この原因が、前線を伴った低気圧です。 この前線が通過するタイミングで、雨の降り方が強まったり、また、南からは暖かく湿った空気が入り込んでるため、大気の状態が非常に不安定となっています。 今夜遅くにかけては、急な雷雨や突風に注意が必要です。 では、今日の発雷確率の予想を見ていきます。 夕方にかけて、そして夜にかけても、近畿地方から東北南部にかけて広い範囲で発雷確率が高くなっています。 今日、日差しが出ている場所でも、急な天気の変化また落雷や突風に十分に注意をして下さい。 そして、この南からの暖かく湿った空気が入り込んだ影響で、各地気温も上がりそうです。 こちらは、今日の予想最高気温なんですが、九州から東北地方にかけて、日中の気温30度前後まで上がりそうです。 仙台でも、予想最高気温は29度と、この時期としては気温が高いです。 まだまだ熱中症対策はしっかりとお願いいたします。 では、明日にかけてどのようなお天気になるのか、予想天気図見ていきます。 今夜にかけて、この前線を伴った低気圧が東の海上に進んで行きます。明日になると、この前線は東の海上に抜けるため、西日本から東日本では天気回復する所が多くなるんですが、北海道には引き続き、気圧の谷が通過してきます。 このため、北海道を中心に雷雨に注意が必要となりそうです。では、お天気マークで見ていきましょう。 九州地方から関東地方にかけては、日中は日差しが出そうです。関東地方の沿岸部では朝にかけては雨の残るところもありますが昼間はバッチリと天気回復するでしょう。 そして、日差しも出てくるため各地気温が上がります。 九州から関東地方では30度を超えるところも多く、熱中症対策明日も必要となりそうです。 一方で、北陸から北日本にかけては、明日もすっきりしない天気です。 特に、午後の時間帯ほど、雨の範囲が広がっていきそうです。北海道では広い範囲で雨や雷雨に注意が必要となりそうです。お出かけの際に雨が降っていなくても雨具を持ってでかけた方が安心です。 続いて、この先の全国の天気です。 この先、西日本から東日本広く日差しの出る所が多くなります。ただ、関東地方から北日本にかけては気温の変化が大きくなります。 今日明日にかけてはまだまだ暑い日続くんですが、金曜日そして土曜日日曜日と徐々に気温が下がっていきそうなんです。 週末になると関東地方でも、日中の気温が25度を下回る日が出てきそうですから服装でうまく調節をするようにしてください。 #祝日 #秋分の日 #ゲリラ豪雨 #雷 #発雷確率 #大雨警報 #土砂災害 #土砂崩れ #土砂災害警戒情報 #浸水 #冠水 #増水 #氾濫 #河川 #天気急変 #不安定な天気 #天気予報 #週間天気予報 #サニースポット