【高校野球】夏の甲子園で2HRの京都国際・中川がプロ志望届提出 東海大相模の左腕・石田らも

© 株式会社Creative2

京都国際・中川勇斗【写真:荒川祐史】

横浜の左腕・金井らも新たに追加、計143人に

日本高野連は22日、2021年度の「プロ野球志望届」の提出者一覧を更新。今夏の甲子園で2本塁打を放つなど強肩強打の捕手として京都国際を初のベスト4に導いた中川勇斗捕手ら7人が新たに追加された。これで計143人になった。

春の選抜を制した東海大相模のエース左腕で、プロ注目の石田隼都投手も提出。今夏はチームのコロナ禍によって神奈川大会で辞退していた。そのほか、横浜の左腕・金井慎之介投手もプロ志望を表明した。(Full-Count編集部)