奈良交通株式会社 路線バス 土日祝ダイヤ中心に減便

© 奈良テレビ放送株式会社

 奈良交通株式会社はきょう、県内15のターミナル駅を発着する48路線について、土曜・日曜・祝日のダイヤを中心に減便することを明らかにしました。

 土曜・日曜・祝日のダイヤを中心に10月から減便の対象となるのは、JR奈良駅や近鉄奈良駅、学園前駅、生駒駅といった県北西部地域などの15のターミナル駅を発着する48の路線です。

このうち、JR奈良駅・近鉄奈良駅発着の奈良白土線においては、午前7時・8時台の朝の時間帯で、現在、1時間に6本運行していますが4本に減便、青山住宅線では、1時間に4本から3本に減便するということです。

奈良交通によりますと新型コロナの影響が直接的な原因ではないものの、運行本数に対する利用者の数が伴っていないという長年の課題をうけ、去年6月に行った平日ダイヤの減便に引き続き今回の措置に至ったということです。

なお、詳しい情報はホームページから確認してほしいとしています。