【北海道の天気 9/22(水)】あすは激しい雷雨・ひょう・突風の恐れあり!雷から身を守るには…

© 北海道文化放送株式会社

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後7時00分現在

◆大気の状態が非常に不安定

あすは、局地的に積乱雲が発達します。

激しい雷雨や、ひょう、突風の恐れがあります。

状況によっては、竜巻が発生してもおかしくありませんので、

天気の急な変化に注意をしてください。

◆雷から身を守る

雷鳴が聞こえたら、建物や車に避難してください。

ただ、家の中でも、油断ができません。

壁や窓から1メートル以上離れてください。

入浴や水仕事も、まれに感電する事例がありますので控えましょう。

落雷をすると、パソコンや家電も故障してしまいますので、プラグを抜いて対策してください。

◆あすの天気

全道的に天気が崩れそうです。

局地的な大雨の恐れがあり、石狩南部、南空知では、予想雨量は120ミリです。

短い時間に集中して降ると、道路が冠水したり、小川があふれたりしそうです。

雷、ひょう、突風を伴う恐れがありますので、防災情報にも注意してお過ごしください。

◆あすの気温

日中は、かなり蒸し暑くなりそうです。

札幌は26℃、帯広は27℃、足寄町や池田町は28℃まで上がりそうです。

ただ、気温が高くなればなるほど空のバランスが崩れ、

雨雲や雷雲が発達しやすくなりそうです。

◆週間予報

金曜日の午後は天気が回復しますが、急速に気温が下がりそうです。

土曜日にかけて、大雪山系の山頂付近は、雪が降るかもしれません。

週末は、全道的に、肌寒くなりそうです。

季節が一気に進みますので、体調管理にも気を付けてください。