ドルフィンズQBタゴヴァイロアが肋骨骨折で次戦欠場、ブリセットが先発へ

© NFLJapan.com

マイアミ・ドルフィンズのトゥア・タゴヴァイロア【AP Photo/Doug Murray】

シーズン第3週に今季2勝0敗のラスベガス・レイダースと対戦するマイアミ・ドルフィンズの布陣に、クオーターバック(QB)トゥア・タゴヴァイロアはおらず、ジャコビー・ブリセットが先発を務める。

ヘッドコーチ(HC)のブライアン・フローレスが現地22日(水)に明かしたところによると、さらなる検査の結果、タゴヴァイロアがシーズン第2週のバッファロー・ビルズ戦で肋骨を骨折していたことが判明したという。

フローレスHCは『ESPN』に「もう少し検査を重ねることに決め、実際に検査してみたところ、その情報を受け取った。残念だ。タイムテーブルは立てたくない。1日1日、進んでいる」と述べた。

フローレスHCはチームがタゴヴァイロアを故障者リザーブ(IR)に入れることを検討しているとは言わず、肋骨の骨折については「週単位」で様子を見ていくと強調した。このケガはシーズン終了につながるものではない。

26日に控えるレイダース戦ではリード・シネットがバックアップQBを務める。

【C】