ロシア世論調査「中国との関係は有益」、74%が中国に好意的―中国メディア

© 株式会社 Record China

中国紙・環球時報(電子版)は17日、アジア太平洋の外交・安全保障問題を専門とするオンライン英字メディア、ザ・ディプロマットの報道を引用する形で、米シカゴ・カウンシルと露レバダ・センターが今年行った調査で、ロシア人は中国との関係を「有益」とみなしていることが分かったと報じた。

調査結果によると、ロシア人の大多数(74%)が中国に好意的だ。ロシア人はまた、中国を台頭する有能な国とみている。55%は、中国が10年前よりも世界で尊敬されていると回答した。ロシアについて、10年前よりも世界で尊敬されていると回答した割合は41%にとどまった。

ロシア人の過半数(53%)が、ロシアと中国の関係が世界におけるロシアの地位を強化すると考えている。中国との関係が世界におけるロシアの地位を弱めると回答した割合は9%にとどまった。また、ロシア人の大多数は、ロシアが中国への依存度を高めているとは考えていない。54%が「状況は変わっていない」と回答した。ロシアは中国への依存度を高めていると考えているのは全体の29%で、その3分の2(全体では19%)は中国への依存度の高まりに懸念を抱いている。(翻訳・編集/柳川)