韓国発のセルフ写真館が福井県内初オープン プロ仕様のカメラや照明完備、インスタで話題

© 株式会社福井新聞社

ポーズを決め好きなタイミングでシャッターを切る女子学生=9月6日、福井県福井市高柳1丁目のフォトスタジオ「es studio」

 リモコンのシャッターを使い自分の好きなタイミングで撮影できる新しいスタイルの写真館が8月、福井県福井市高柳1丁目にオープンした。セルフ写真館と呼ばれ福井県内初。プロ仕様の機材を用いて自由に撮影できるのが魅力。写真共有アプリ「インスタグラム」の投稿で広まっており、若い女性やカップル、家族連れの人気を博している。

 開店したのは「es studio(エス・スタジオ)」。福井市出身で福井と東京を拠点に活動するフォトグラファーEitoMars(エイト・マーズ)さん(38)が代表を務める。同スタジオでは成人式やプロフィル、家族写真など一般的な撮影がメインだが、韓国発祥で若者の間で人気を博しているセルフ写真館も同時に始めた。Eitoさんは「これまでは写真を盛って撮ることが主流だったが、今は白黒やナチュラルテイストが流行」と話す。

 セルフ写真館として使用するスタジオは、壁と床の境に丸みをつけ分からなくするホリゾント加工が施されている。新型コロナウイルス感染防止のため、密にならず換気がしやすい広々とした空間となっている。

 プロ仕様のカメラや照明など機材を完備。ドライフラワーやソファ、カラフルな椅子、サングラスなどの小道具も用意した。15分間の撮影で1人2千円(学生は1500円)。撮影データは全て受け取れる。

 9月初めには、県内の専門学校に通う女子学生4人が白シャツにジーンズのおそろいの衣装で来店。韓国のエンタメが好きだという学生たちは、KーPOP音楽が流れる中、顔をうつむかせたり、カメラ目線でクールな表情でポーズを決めたりして自由にシャッターを切っていた。

 インスタグラムで同スタジオを知ったという女性(19)は「人目も気にならないし、思いっきり撮影を楽しめる。写真はSNS(会員制交流サイト)にアップしたい」と満足した様子だった。