ペンギン4羽、お引っ越し

閉館した志摩マリンランドから

© 一般社団法人共同通信社

鳥羽水族館に譲渡するため、ケージに移されるフンボルトペンギン=23日午前、三重県志摩市

 老朽化のため3月に閉館した三重県志摩市の志摩マリンランドから23日、フンボルトペンギン4羽が同県鳥羽市の鳥羽水族館に移送された。志摩マリンランドは飼育していた生き物を全国の水族館などに無償譲渡しており、フンボルトペンギンを含むペンギン計48羽は鳥羽水族館など全国9施設に順次、引っ越している。

 志摩マリンランドでは23日午前、飼育員が雄2羽と雌2羽を移送用ケージに移した。羽を動かし抵抗する姿もあったが最後はケージに納まり、車に積まれて出発。飼育員の神村健一郎さん(51)は「寂しいが新しい仲間と一緒にのびのび成長してほしい」と名残惜しそうに見送った。