「中国基準」で生産された綿花第1弾が審査・認証段階に―中国メディア

© 株式会社 Record China

新疆ウイグル自治区の綿花の豊作が間近に迫っている。「中国綿花」持続可能な開発プロジェクトの管理基準に基づき生産された綿花第1弾が16日、新疆で審査・認証段階に入った。新華網が伝えた。

中国綿花協会は同日、中合金諾認証公司と共同で、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州の輪台県や尉犁県などの地域で、同プロジェクトの審査・認証活動を開始した。同活動は書類審査と現場の審査を結びつけた方法を採用し、第1期として約3333ヘクタールの農場の審査を行う。

同プロジェクトの第1弾・6社の生産側契約企業の一つとしての新疆国欣種業有限公司の責任者である盧懐玉(ルー・ホアイユー)氏は、「当社は今年、4667ヘクタール余りの自社種子育成農場で同プロジェクトの生産管理基準に基づき生産・栽培を行った。『環境に優しく、良質で、労働を尊重し、全過程を追跡可能』というプロジェクトの理念を実践し、汚染減少、省エネ・排出削減、労働尊重、質向上などの面で改善を行った」と述べた。

中国綿花協会の李琳(リー・リン)副事務局長は、「審査・認証に合格した後、生産される実綿は『中国の持続可能な綿花』第1弾として流通、紡績の段階に進み、そして最終的にブランド業者と小売業者によって消費者の手に届けられる見込みだ。全産業チェーンで持続可能な綿花を使用、消費し、好循環を構築することが将来的に、中国の綿花産業の新発展理念の実践、持続可能な発展の推進の鍵になる」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)