新型コロナの米国での流行、2019年9月からの可能性大―中国メディア

© 株式会社 Record China

中国科学院のプレプリントプラットフォーム(ChinaXiv)が22日に発表した、ビッグデータモデリング分析に基づく新型コロナウイルス感染症の起源の時期に関する研究結果によると、米国の新型コロナウイルス感染症は2019年9月前後にすでに流行が始まっていた可能性が高いという。新華社が伝えた。

新型コロナの起源解明は感染症対策にとって極めて重要だ。これまでの一連の研究によると、米国、スペイン、フランス、イタリア、ブラジルなど多くの国では、新型コロナウイルスが中国で流行する前にウイルスの攻撃を受けた痕跡が見られていた。

同研究は、数学的モデルと人工知能(AI)技術を結びつけ感染症の定性・定量分析を行うことで、感染症の流行法則を解明できるとした。研究者は感染症の感染拡大モデルとビッグデータ解析の手段に基づき最適化モデルを作り、公開済みのデータに基づき米国北東部の12州、中国の武漢市や浙江省などの地域の起源の時期を推定した。

研究結果によると、米国北東部の12州で初の感染者が出た確率が50%以上の時期の多くは、19年8月から10月に集中している。最も早いのはロードアイランド州の19年4月26日、最も遅いのはデラウェア州の19年11月30日で、いずれも米国政府が公表した全米初の感染者の20年1月20日より早かった。計算結果によると、米国では19年9月前後に流行が始まっていた可能性が高い。

計算によると、中国の武漢市で初の感染者が出た確率が50%以上の時期は19年12月20日で、浙江省で初の感染者が出た確率が50%以上の時期は19年12月23日。ここから推定すると、中国で新型コロナが流行が始まったのは19年12月下旬の可能性が高い。この結論は疫学調査の結果とほぼ一致し、この計算方法が正確で信頼できることが証明された。(提供/人民網日本語版・編集/YF)