町立最上病院敷地内にクマ

© 株式会社山形新聞社

ツキノワグマ(資料写真)

 23日午前1時半ごろ、最上町向町の町立最上病院の敷地内で守衛の50代男性がクマ1頭を目撃した。クマは、夜間緊急外来用の自動ドアのガラス部分に足を掛けていたという。午前8時55分ごろに病院関係者が新庄署最上町駐在所に届け出た。

 同署などによると、クマの体長は約1.3メートル。自動ドアは鍵が閉まっており、すぐにその場を立ち去ったという。病院では施設内を点検し、安全を確認した。現場は国道47号沿いで高齢者施設が併設されているほか、付近には民家が点在している。