野党4党幹部がモーニングショーに出演。自民党総裁選のさなかの放送に反響「野党の政策も伝えて」

© ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社

テレビ朝日系の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」に9月24日、野党4党の幹部が生出演した。自民党総裁選の投開票が29日に迫る中、SNS上では「総裁選の報道ばかりでうんざりしてた」「野党の政策も伝えて」などの声が上がっていた。

この日出演したのは、立憲民主党の江田憲司代表代行、共産党の志位和夫委員長、日本維新の会の片山虎之助共同代表、国民民主党の玉木雄一郎代表。

羽鳥慎一キャスターが冒頭、「今日は衆議院と参議院合わせて10議席以上ある野党4党の皆さんにお越し頂いています」と説明した。

番組では、新型コロナ対策、原発・エネルギー政策、経済政策について、各党の政策や考えについて紹介。野党共闘についても議論した。

新型コロナ対策をめぐっては、自民党総裁選に立候補している4氏の政策や公明党の次期衆院選の公約を紹介した上で、野党の政策について議論した。

【新型コロナ対策】

立憲民主党「リバウンド阻止戦略」

共産党「医療・公衆衛生再生プログラム」

日本維新の会「医療崩壊を防ぐ実効性ある法改正」

国民民主党「感染拡大防止と経済社会活動の両立」

【原発・エネルギー政策】

立憲民主党「原発ゼロ社会の実現」

共産党「原発ゼロ・脱炭素」

日本維新の会「既存原発はフェードアウト」

国民民主党「代替エネルギーが確立するまで当面は原発を利用」

【経済政策】

立憲民主党「時限的に消費税5%に減税」

共産党「消費税5%に減税」

日本維新の会「消費税5%に減税⇨約2年後に8%へ」

国民民主党「経済回復まで消費税5%に減税」

議論の終了間際、羽鳥キャスターはこう呼びかけた。

自民党総裁選は自民党の議員、そして自民党員だけが投票ですけれど、その後に来ます総選挙は我々全員が投票できるということになります。そういったところでは、自民党の考え、そして野党の考えというのも非常に大事になる。しっかりと私たちも理解をしていかなければいけないところだと思います」

自民党総裁選の動向が連日報道される中、野党の政策を取り上げたことに、SNS上では次のような声が上がっていた。

・野党の皆さんの話、めちゃくちゃ内容濃いし中身あるじゃん。もっと特集してほしい

・今日みたいに野党もどんどんTVに出て政策論争して欲しい。圧倒的にメディアへの露出が自民に比べて少なすぎる

・総裁選の報道ばかりでうんざりしていた

・自民党総裁選をマスコミがやたら伝えるのは、次期自民党総裁が次期総理大臣になるから。依怙贔屓ではない

・総裁選で自民の話ばっかりになりがちだったから野党の話を聞こうという姿勢はよかった