敦賀気比、重圧だった県大会29連勝の実績 北信越出場懸け9月25日に3位決定戦 秋の高校野球福井県大会2021

© 株式会社福井新聞社

北信越地区高校野球福井県大会準決勝・敦賀気比―啓新 6回表、走者を出しマウンドに集まる敦賀気比バッテリー=9月23日、福井県営球場

 来春の選抜高校野球大会につながる第145回北信越地区高校野球県大会第6日は9月23日、福井市の福井県営球場で準決勝2試合が行われ、敦賀気比は啓新に1-6で敗れた。敦賀気比は2019年夏から県大会無敗だったが、連勝が途切れた。

 ここぞで一本が出なかった。敦賀気比は10安打を放ち再三好機をつくったが、わずか1得点。県大会では準優勝だった2019年春以来の敗北を喫し、連勝は29でストップした。

 三回2死一、三塁の先制機と、1点を先制された直後の四回2死一、二塁の場面では、いずれも三振に終わった。ようやく八回に1点を返し、さらに2死満塁としたがものにできなかった。

 今夏の甲子園に出場したときメンバーだったのは、主将の上加世田頼希と捕手の渡辺優斗のみ。実戦経験が少なく「チーム全体として緊張していた」(上加世田)。

 さらに、前チームは県大会と北信越地区大会では負けなしだったこともあり、上加世田は「負けられないというプレッシャーが大きかった」と肩を落とす。

 ただ、北信越出場へ残る県代表1枠を懸けた3位決定戦は25日で、落ち込んでいる時間はない。上加世田は「なんとしても勝つ」と気持ちを切り替えた。

【9月25日の試合日程(福井県営球場)】

▼3位決定戦 敦賀気比―丹生(午前9時半)

▼決勝 啓新-福井工大福井(午後1時) ※ベンチは左が一塁側

■高校野球福井県大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で高校野球福井県大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報を公開します。