テドロス氏再任を独仏支持

WHOトップ選で候補指名

© 一般社団法人共同通信社

WHOのテドロス事務局長(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】在ジュネーブのドイツとフランスの政府代表部は24日までに、世界保健機関(WHO)事務局長選に向け、現職のテドロス事務局長(エチオピア)を候補者として指名したとツイッターで明らかにした。

 候補者届け出は23日で締め切られたが、WHOは候補者を10月末以降に公表するとしており、テドロス氏の対立候補がいるのかは不明。候補者が複数出た場合には来年5月のWHO総会で、投票で選ばれる。

 WHO事務局長は任期5年で、再選は1回だけ可能。テドロス氏は2017年に就任し、来年に1期目の任期を終えるため去就が注目されていた。