<高校野球>秋季県大会、25日の準々決勝を展望 打線に切れ目ない浦和学院-安定感抜群の投手陣の大宮東

© 株式会社埼玉新聞社

秋季県大会準々決勝以降の組み合わせ

 秋季県高校野球大会は25日、県営大宮とレジスタ大宮で準々決勝を行い、ベスト4が決定する。

 Aシードの浦和学院と花咲徳栄が順当に勝ち上がったほか、秋の県大会初出場ながら8強入りした浦和麗明や浦和実、聖望学園、川越東の私立勢に、上尾、大宮東の公立勢が4強進出を懸けて火花を散らす。好カードとなった準々決勝を展望する。

■浦和学院×大宮東 左腕並べ夏王者挑む

 今夏の王者で5年ぶりの頂点を目指す浦和学院と2年連続の4強入りを目指す大宮東が激突。

 浦和学院は金田、高山、伊丹の2~4番を中心に打線に切れ目がない。強打者の7番鍋倉が下位にいることでどこからでも得点を奪うことができる。序盤から大宮東の投手陣を攻略したい。

 大宮東は、清水、高橋亮、吉田の左腕3枚に制球力があり、安定感抜群だ。粘り強く浦和学院打線を抑えて攻撃につなげたい。4番山岸、5番高橋大の勝負強い打撃で好機をものにできるか。