パキスタンに8年で254億ドルの直接投資 中パ経済回廊

© 新華社

パキスタンに8年で254億ドルの直接投資 中パ経済回廊

パキスタン・ラホール軌道交通オレンジラインの開通式に出席した中国とパキスタンの来賓。(2020年10月25日撮影、ラホール=新華社記者/劉天)

 【新華社北京9月25日】中国国家発展改革委員会の寧吉喆(ねい・きってつ)副主任は23日、オンライン形式で開かれた中国・パキスタン経済回廊(CPEC)合同協力委員会の第10回会議で、CPECは「一帯一路」共同建設の象徴的プログラムで、パキスタンに8年余りで254億ドル(1ドル=約111円)の直接投資をもたらし、多くの雇用を創出したと述べた。今後は産業や科学技術、農業などの分野で協力を強化し、経済回廊を「一帯一路」の質の高い発展のモデル事業に作り上げていきたい考えを示した。