横琴粤澳深度合作区管理機構が設立

© HKP

珠海市で9月17日、横琴粤澳深度合作区管理機構の設立式典が開催された。18日付香港各紙によると、式典では中国共産党中央政治局常務委員で粤港澳大湾区建設領導小組組長を務める韓正・副首相が講話を発表。韓副首相は横琴合作区の建設は習近平・国家主席が自ら策定・手配・推進している重大戦略であり、マカオ経済の適度な多角化による新産業の発展を促進し、マカオが長期的に発展するための新たな原動力を注入すると指摘した。国務院は5日に「横琴粤澳深度合作区建設の全体法案」を発表。横琴の106平方キロメートルの土地を広東省とマカオの「共同建設、共同管理、共同享受」の合作区にすると表明している。合作区管理委員会の下には執行委員会と秘書処が設置され、執行委員会の下には行政事務局、法律事務局、経済発展局、金融発展局、商事サービス局など9局が設置されている。合作区管理委員会は広東省とマカオの合同で組織され、重要な計画と人事任免などの決定を取りまとめる。広東省の馬興瑞・省長とマカオの賀一誠・行政長官が共同で主任を務める。