【卓球】五輪後初の国際大会で日本は3種目V!早田ひなは単複二冠を達成(WTTスターコンテンダードーハ/結果まとめ)

© 株式会社テレビ東京

今年からスタートした国際大会シリーズ「WTT」。そのひとつである「スターコンテンダー・ドーハ」が9月20日~25日にカタール・ドーハで開催された。

東京オリンピック後、日本チームが選手を派遣する初の国際大会となった今回。東京オリンピック日本代表の6選手は参戦せず、翌週からドーハで開催されるアジア選手権の日本代表11選手が出場。

早田ひな(日本生命)が女子シングルスとミックスダブルスで優勝し、二冠を達成。また長﨑美柚(日本生命)/安藤みなみ(TOP名古屋)ペアが女子ダブルスを制し、今大会日本は3種目制覇を成し遂げた。

女子シングルスで危なげなく勝ち上がった早田は、準々決勝では安藤みなみ(TOP名古屋)との同士討ちを制して、ベスト4入り。

準決勝では、韓国のチョン・ジヒに対して、ゲームカウント0-3と追い込まれるが、第4ゲームから驚異の巻き返しを見せて逆転勝利をすると、決勝でも杜凱キン(香港)を落ち着いた試合運びで退け、優勝を果たした。

IMG

早田ひな Photo:World Table Tennis

戸上隼輔(明治大)と組んだミックスダブルスも、初のペアリングながら抜群のコンビネーションを見せて、決勝でも韓国の五輪代表ペアに完勝となった。

同じく女子ダブルスも初戦から息の合ったプレーを見せた長崎/安藤が決勝まで駆け上がると、決勝でも韓国ペアをストレートで下して初優勝。

IMG

ミックスダブルス優勝 早田ひな・戸上隼輔 Photo:World Table Tennis

また男子ダブルスでは、宇田幸矢/戸上隼輔(明治大)がベスト4。男子シングルスは、戸上と吉村和弘(岡山リベッツ)が2回戦に進出するがともに敗退。

予選トーナメントの同じブロックに日本選手が3名入り、木造勇人(愛知工業大)、村松雄斗(東京アート)が同士討ちで戸上に敗れるという不運も重なり、日本男子勢は上位に食い込むことができなかった。

IMG

女子ダブルス優勝の長崎美柚・安藤みなみ Photo:World Table Tennis

【各種目メダリスト】

男子シングルス

IMG

カルデラノ Photo:World Table Tennis

優勝:カルデラノ(ブラジル)
準優勝:ヨルジッチ(スロベニア)
ベスト4:ピッチフォード(イングランド)、イサンス(韓国)

女子シングルス

IMG

早田ひな Photo:World Table Tennis

優勝:早田ひな(日本)
準優勝: 杜凱琹(香港)
ベスト4:チョン・ジヒ(韓国)、ペソツカ(ウクライナ)

男子ダブルス

IMG

チョスンミン /アンジェヒョン Photo:World Table Tennis

優勝:チョ スンミン /アン ジェヒョン(韓国)
準優勝:ドリンクホール /ピッチフォード(イングランド)
ベスト4:宇田幸矢/戸上隼輔(日本)、ニュイティンク(ベルギー) /トキッチ(スロベニア)

###
女子ダブルス

IMG

長﨑美柚/安藤みなみ Photo:World Table Tennis

優勝:長﨑美柚/安藤みなみ(日本)
準優勝:チョン・ジヒ/ヤン ハウン(韓国)
ベスト4:リン・イエ/ツォン・ジエン(シンガポール)、ミシェク(オーストリア)/ホ・ティンティン(イングランド)

###
混合ダブルス

IMG

戸上隼輔/早田ひな Photo:World Table Tennis

優勝:戸上隼輔/早田ひな(日本)
準優勝:チャン ウジン/チョン・ジヒ(韓国)
ベスト4:黃鎮廷/杜凱琹(香港)、イ サンス/チェ ヒョジュ(韓国)

【日本選手の結果(最終ラウンドの対戦記録)】

●男子シングルス
戸上隼輔【2回戦敗退/ベスト32】0-3 カールソン(スウェーデン)
吉村和弘【2回戦敗退/ベスト32】0-3 イ サンス(韓国)
宇田幸矢【1回戦敗退】1-3 アポローニャ(ポルトガル)
※木造勇人、村松雄斗、篠塚大登は予選T敗退

●女子シングルス
早田ひな【優勝】4-1 杜凱琹(香港)
安藤みなみ【ベスト8】0-3 早田ひな
芝田沙季【3回戦敗退/ベスト16】1-3 チョン・ジヒ(韓国)
長﨑美柚【3回戦敗退/ベスト16】2-3 カマス(インド)
佐藤瞳【2回戦敗退】2-3 シン ユビン(韓国)

●男子ダブルス
宇田幸矢/戸上隼輔【ベスト4】1-3 チョ スンミン /アン ジェヒョン(韓国)
吉村和弘/木造勇人【ベスト8】1-3 ニュイティンク(ベルギー) /トキッチ(スロベニア)

●女子ダブルス
長﨑美柚/安藤みなみ【優勝】3-0 チョン・ジヒ/ヤン ハウン(韓国)
佐藤瞳/芝田沙季【1回戦敗退】0-3 リン・イエ/ツォン・ジエン(シンガポール)

●混合ダブルス
戸上隼輔/早田ひな【優勝】3-1 チャン ウジン/チョン・ジヒ(韓国)