白石麻衣、“素の美しさ”披露「ありのままの自分を見てもらいたい」

© 株式会社マイナビ

元乃木坂46の白石麻衣が、10月6日発売の女性グラビア週刊誌『anan』の表紙&グラビアに登場。飾らない、等身大のスタイリングと表情で、素の美しさを披露する。

約1年前に乃木坂46を卒業後、ドラマやCM、Youtubeチャンネルなど表現の幅を広げている白石。今回のグラビアでは“素の白石麻衣”をテーマに白石のオフをイメージして撮影。朝起きて、二度寝して、いまハマっているというお花を生けつつ、料理をして、笑顔で大好きなポテトチップスをほおばる…なんていう無邪気な姿も披露している。メイクも最小限にとどめ、タンクトップに、素肌にニットなど、飾らない、白石の素の美しさが際立つ大人の装いにも注目だ。

今回表紙とグラビア8P企画のほか、白石がCMキャラクターを務める『SENKA』とのコラボで、バックカバーも白石がジャック。バックカバーからの後ろ読み企画で白石の美肌の秘訣に迫るほか、『SENKA』とのスペシャル企画「すっぴん BEAUTY AWARD」にも白石が登場。素のグラビアとはまた一味違う、「オン」のスイッチが入った白石も見られる。

白石は「ありのままの自分を見てもらいたいから、内面も外見も素の自分の個性を磨く努力をしていきたいなと思っています」とコメントしている。