孟晩舟氏帰国に関する人民日報の論評「中国の前進の歩みを阻める力はない」

© 株式会社 Record China

中国公民であり、華為(ファーウェイ)社の最高財務責任者(CFO)である孟晩舟氏は9月25日、中国政府のチャーター機で帰国した。これは中共中央の力強い指導の結果であり、中国政府のたゆまぬ努力の結果であり、全ての中国国民が支持に尽力した結果であり、中国国民の大きな勝利だと言えるだろう。

孟晩舟事件が中国公民を対象とし、中国のハイテク企業に対する抑圧を目的とした政治的迫害事件であることは、事実がとうに証明していた。2018年12月1日、米国の策略により、ファーウェイ社CFOの孟氏はカナダで飛行機の乗り継ぎをした際、カナダの法律になんら違反していない状況下でカナダ当局に不当に拘禁された。米国が孟氏に対して行ったいわゆる詐欺という告発は完全に捏造されたものだ。米国とカナダは2国間の犯罪人引渡し条約を再三濫用し、法律を口実に中国公民に対する迫害という行為を弁護し、責任逃れをしてきたが、米国とカナダの言うところの法律は米国が詐欺や暴力で他人の財産や権利を取り上げ、敵対する相手を抑圧し、私利を手に入れようと図るためのツールに過ぎず、なんの公正性も正当性もないことを国際社会ははっきりと分かっている。

孟晩舟事件において、中国政府は一貫して明確な立場をとってきた。あらゆる必要な措置を講じ、中国政府は揺るぐことなく自国の公民と企業の正当で合法な権利・利益を守ってきた。孟氏の不当拘禁に関する状況が分かった後、中国政府はいち早く厳正な申し入れを行い、厳正な立場を表明し、いち早く孟氏に領事協力を提供した。その後、中国政府はカナダ側に対して孟氏を釈放し、その正当で合法な権利・利益を適切に保障するよう強く促し続けた。そして多くの中国国民が正義を求める声を上げた。孟氏が無事帰国できたことは、中国共産党、14億余りの中国国民、偉大な中華人民共和国が常に中国公民の最も堅固な後ろ盾であることを十分に物語っている。

孟晩舟事件は、中国は事を起こすことはないが、事を恐れもしないことを十分に示した。中国はいかなる形式の政治的強迫と司法濫用行為も決して許さず、中国公民が他国の政治的迫害の犠牲になることも決して許さない。中国国民は正義を尊び、強暴さも畏れぬ人々であり、中華民族は強い民族的誇りと自信を持つ民族だ。中国人はこれまで一度も他国民を迫害したことも、抑圧したことも、奴隷のように使役したこともないし、いかなる外来勢力が我々を迫害することも、抑圧することも、奴隷のように使役することも決して許さない。こうしたことを企んでいるいかなる人、いかなる勢力も、中国国民は決して許さない。

孟晩舟事件の本質は、米国が中国の発展を妨げ、ひいては断ち切ろうとしたことにある。中国が努力を払って守ったのは、一公民の権利や一企業の権利・利益だけでなく、中国国民がより良い生活をし、国が現代化を実現する権利だ。中国国民は孟晩舟事件を通じて、世界が100年間経験していない大きな変動を前にして、我々は揺るぐことなく自分たちの道を歩み、どんな困難にぶつかってもくじけることなく自国の事を行い、ハイレベルの科学技術で自立自強を成し遂げ、偉大な祖国をより強くしていくことなのだといっそうはっきり知ることとなった。

現在、中華民族の偉大な復興の実現は後戻りすることのできない歴史的プロセスへと入った。我々は、民族の復興に近づくほど順風満帆とはいかなくなることをよく知っている。我々は、常に歴史の正しい側に立ち、常に人類の進歩の側に立って、困難を恐れず試練に向き合い、風雨にも負けず前進すれば、我々の偉大な祖国の地位を揺るがすことのできる力などなく、中国の前進の歩みを阻める力などないと確信している。(提供/人民網日本語版・編集/AK)