iPhone 13 Pro Maxのバッテリーテストの結果は良好

© ティー・クリエイション株式会社

AppleがiPhone 13シリーズを発表した時、バッテリー寿命が前モデルと比較して約1.5〜2.5時間延びた点を除いて、同社はバッテリーに関して具体的な説明をしませんでした。その後、正確な容量が判明し、バッテリー寿命が延長したというAppleの説明は誇張ではなかったことがわかりました。

YoutubeチャンネルのMrwhosethebossが実施したバッテリーテストでは、前モデルと比較してiPhone 13シリーズがどれだけ向上しているのかが確認されています。iPhone 13 Pro Maxは10時間近いバッテリー持続時間を達成しています。

最も小さなiPhone 13 miniでさえ、6時間26分という結果を叩き出しています。過去のモデルと比較すると、iPhone 12が5時間54分、iPhone 11は4時間20分しか持ちませんでした。iPhone SE(2020)は、たったの3時間38分で少し残念な結果となりました。。

これは科学的なテストとは言えず、必ずしも実際の使用感を表すものではない点に注意して下さい。しかし、iPhone 13 Pro Maxに内蔵されているバッテリーが素晴らしいことは明らかです。もし買い換えるための理由を探しているなら、バッテリー寿命だけでも十分な理由になりそうです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら

The post

iPhone 13 Pro Maxのバッテリーテストの結果は良好

first appeared on

Ubergizmo JAPAN

.

この記事はいかがでしたか?