1‐8月期の実行ベース外資導入額が前年同期比22.3%増に―中国

© 株式会社 Record China

中国商務部がこのほど開いた定例記者会見で、同部の束珏婷(シュウ・ジュエティン)報道官が1-8月期の中国全土の外資導入、対外投資協力、消費市場の状況などを説明した。中新経緯が伝えた。

1‐8月期の外資導入の状況について、束報道官は、実行ベース外資導入額は前年同期比22.3%増の7580億5000万元(約12兆8868億5000万円。ドルに換算すると1137億8000万ドルで、前年同期比27.8%増。銀行や証券、保険などの分野を含まず。以下同)に達したと説明した。

業界別に見ると、サービス業の実行ベース外資導入額は前年同期比25.8%増の5993億3000万元だった。ハイテク産業は30.2%増で、うちハイテクサービス業が35.2%増、ハイテク製造業が14.9%増だった。

投資元を見ると、「一帯一路」(the Belt and Road)参加国と東南アジア諸国連合(アセアン)の実行ベースの投資額は前年同期比でそれぞれ37.6%増と36.8%増だった(自由港を通じた投資データを含む)。

地域別で見ると、中国の東部地域、中部地域、西部地域の実行ベース外資導入額はそれぞれ23%増、30.1%増、1.6%増だった。(提供/人民網日本語版・編集/KN)