ユニバーサル北京、客のスカート下から盗撮のスタッフとの契約終了―中国

© 株式会社 Record China

中国・北京の有力紙、新京報の26日付報道によると、映画テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・北京」の関係者はこのほど、来園客のスカートの下から盗撮した疑いが持たれている男性スタッフとの労働契約を終了したことを明らかにした。

記事によると、23日に同園を同僚らと訪れた客がSNS上に、同園のスタッフとみられる男性からスマートフォンのカメラで盗撮されたなどと書き込んだ。

客は逃げようとした男性を同僚らと押さえつけて警察に通報。駆けつけた警官が、男性が所持していた職員証を見つけると、男性も夜勤のために来ていたことを認めたという。警察はわいせつ事件として受理し、調べを進めている。

同園の関係者は26日、新京報の取材に応じ、盗撮した疑いが持たれている男性スタッフとの労働契約を終了したことや、警察の捜査に協力するとともに園内に専門の作業チームを立ち上げたことを明らかにした。

同園は、来園客が盗撮に遭ったことについて、「驚きと怒りを感じている」とし、「深くおわびするとともにフォローに全力を尽くす」とコメントしている。(翻訳・編集/柳川)