新型iPhone13、顧客納入が長引く

© ロイター

[27日 ロイター] - 米アップルの新型機iPhone13シリーズの予約客が、商品を受け取るまでさらに数週間待つ必要がある状況になっていることが分かった。強い需要とサプライチェーン(供給網)の遅れが要因で、アナリストは近年のiPhoneの納期としては最長の一つになっていると指摘した。

JPモルガンとクレディ・スイスのアナリストによると、世界からオンラインで事前予約した顧客はProとPro MAXは4週間超、標準機のiPhone13は約2週間待つ必要が出ている。

iPhone出荷の3分の1超を占める米国では納期が第1週に7─20日だったのに対し、第2週は19─34日となり、いずれもiPhone12シリーズの納期を上回っている。

アップルがiPhoneを発売した後の納期は、最新機種の需要を測る指標の一つとしてアナリストらに注目されている。しかし、今年は年末商戦に向けたサプライチェーンの問題も焦点となっている。

米アップルは納期の遅れについてコメントしなかった。

JPモルガンのアナリスト、サミック・チャッタージー氏は「サプライチェーンの制約が納品延長の一因になっている一方で、第1週に比べて第2週の納品が大幅に延びたことは保有機種更新の旺盛な需要を示している。発売に向けた投資家の低い期待感を上回っている可能性がある」と語った。

アップルのパートナーのベライゾン、ボーダフォンUK、ベストバイはツイッターでの顧客への返信で、大きな需要と製品供給の問題が起きていると説明。ソーシャルメディアでも多くのユーザーが遅延を指摘した。

26日にはアップルやテスラの複数の供給元が、エネルギー消費量規制の厳格化に対応するために中国の一部の工場で生産を数日間停止し、電子機器製品の需要がピークを迎える季節に向けてサプライチェーンがリスクにさらされている。

iPhone13の価格は699ドルから1599ドル。9月17日に予約受付を始めた。