北朝鮮の飛翔体、まだ分析中 弾道ミサイルの可能性=中山防衛副大臣

© ロイター

[東京 28日 ロイター] - 中山泰秀防衛副大臣は28日、北朝鮮が同日朝に発射した飛翔体について、弾道ミサイルだったかどうかや落下地点については現在、分析中であると述べた。

中山副大臣は記者団に対し、飛翔体は「弾道ミサイルである可能性はあるものの、弾種については、弾道ミサイルであるか否かも含め総合的・専門的分析を行う必要があり、現時点で確たることを言うのは差し控えたい」と述べた。飛翔体の速度、飛翔距離、高度、変速軌道の可能性、また落下地点についても、詳細は分析中という。

韓国軍は28日朝、北朝鮮が東側の海へ向けて少なくとも1発の飛翔体を発射したと発表した。共同通信などは日本政府関係者の話として、飛翔体は日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した可能性は低いと伝えた。